会員企業一覧

株式会社 神鋼環境ソリューション

  • 処理装置
本社
〒651-0072
兵庫県神戸市中央区脇浜町1丁目4-78
http://www.kobelco-eco.co.jp/
下水道担当部署
〒141-0001
水環境事業部 第一営業部 東京都品川区北品川5丁目9-11
TEL : 03-5739-6531
FAX : 03-5739-6963

支社・支店・営業所等

東京支社
〒141-8688
東京都品川区北品川5丁目9-12
TEL : 03-5739-5810
大阪支社
〒541-8536
大阪府大阪市中央区備後町4丁目1-3(御堂筋三井ビル)
TEL : 06-6206-6745
九州支社
〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1丁目1番地(新幹線博多ビル)
TEL : 092-474-6565
北海道支店
〒060-0003
北海道札幌市中央区北四条西5丁目1-3(日本生命北間館ビル)
TEL : 011-241-4647
東北支店
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1丁目2-25(仙台NSビル)
TEL : 022-716-6651
名古屋支社
〒451-0045
愛知県名古屋市西区名駅2丁目27-8(名古屋プライムセントラルタワー)
TEL : 052-581-9876

技術紹介

「技術ギャラリー」コーナーへリンクしています

名称/商品名 概要
バイオガス精製装置/バイオ天然ガス化設備 下水処理の過程で発生する消化ガスは、メタンと二酸化炭素を主成分とする可燃性ガスですが、熱量が都市ガスと比べて低く、また硫化水素やシロキサンなどの不純物を含むため、そのまま利用すると機器の損傷・劣化が生じる場合があります。
 バイオ天然ガス化設備は、消化ガスのメタン純度を上げることで熱量を高めるとともに、不純物を除去することにより、天然ガス自動車燃料や都市ガス原料として利用できる高品質ガス(以下「バイオ天然ガス」)を安定的に精製できる設備です。
 カーボンニュートラルな消化ガスが多様な形態で利用可能になり、消化ガスの有効利用率を高めることができるため、CO2削減に寄与できる設備です。
 神鋼環境ソリューションは下水処理場の地球温暖化防止に対する一つのアプローチとして「バイオ天然ガス化設備」を提供していきたいと考えております。
ベルト型ろ過濃縮機/ベルト型濃縮機 近年、濃縮設備において低動力/低騒音/コンパクトな機器のニーズが高まっております。また操作性/濃縮性の性能改善はもとより維持管理費低減もはかれる機種として「樹脂性ベルト濃縮機」を提供しております。
 余剰汚泥・生汚泥・混合生汚泥のいづれの汚泥に対しても濃縮汚泥濃度4%以上、回収率95%以上、薬注率0.3%程度を十分に満足する設備です。
 またベルト材質に軽量/安価な樹脂を採用することにより、その他付属品を含めて維持管理上、専門知識が不要な設備です。
 省電力/低薬注率を図ることにより下水処理場から発生するCO2削減に寄与でき地球温暖化防止に貢献できる設備として提供していきたいと考えております。
合成樹脂製汚泥掻寄機/ノンメタリック汚泥掻寄機 下水処理用汚泥掻寄機は、腐食環境下で長期間連続使用されるため耐食性、耐摩耗性が要求されています。このため、当社では従来より本体チェン、本体チェン用スプロケット、フライト、シューに高性能プラスチック部品を採用することにより機器機能の向上に努めてまいりました。この度、駆動チェン、駆動チェン用スプロケット、軸受、レール、ブラケット等の全ての接液部品についてもプラスチック化することに成功し、汚泥掻寄機全体として更に機器寿命を延長することを可能としました。
オキシデーションディッチ/シグマディッチ 円形あるいは長円形の無終端水路を反応タンクとするオキシデーションディッチ法では、水路全体に所定の流速を与えて、下水と活性汚泥の混合液を循環させながら、下水処理に必要な酸素を供給するほか、水路内の活性汚泥と流入下水を混合攪拌して、活性汚泥が沈降しないようにする必要があります。
 本装置では、これらの機能を最も効率よく行わせるために縦型機械式エアレーション装置 「シグマウェーブエアレーター」を採用しています。
双曲面形 攪拌機/PABIO MIX  PABIO MIX は、混合に最適な形状の回転体を使用することにより、効率のよいタンク内の攪拌と酸素供給を可能にしました。ミキサータイプ(均一攪拌・沈殿防止)とエアレータータイプ(曝気・攪拌)があります。
生物脱臭システム/Hi-Deo(ハイデオ) 優れた性能を持つ多孔質カーボン担体を使用した当社の生物脱臭装置は、開発過程で多様な条件をクリアした装置であり、下水処理場における固有の様々な条件に対して優れた能力を発揮します。平成4年に1号機を納入して以来、従来脱臭法の維持管理の煩わしさやコストの問題を解決し、各所でご好評を得ております。
担体投入型高度処理プロセス/AQUANITE(アクアナイト) 下水処理においては、富栄養化防止を目的とした公共用水域保全の観点から、従来の有機分に加え、窒素、りんも除去対象とした高度処理のニーズが高まっています。
 下水中の窒素、りん除去法としては、循環式硝化脱窒法や嫌気-無酸素-好気法(A2O法)が実用化されていますが、これらの方法では、反応タンク滞留時間が標準活性汚泥法に比べて約2倍かかるため、広大なスペースが必要となります。
当社の担体投入硝化脱窒システムでは、微生物を高濃度に保持する微生物固定化担体を反応タンクに投入して反応を促進し、標準活性汚泥法と同等の反応タンク滞留時間で高度処理を行います。
汚泥減量化設備/エステプロセス 現在、下水/排水は主に微生物を利用した生物的処理法で処理されていますが、この処理法から発生する大量の余剰汚泥は、焼却または埋立処分されています。しかし、最近では焼却によるダイオキシンの発生や埋立処分場確保が困難になってきており、汚泥処理は深刻な社会問題になってきています。この余剰汚泥の問題に対して、当社は高温域で活性を示す微生物(好熱菌)の作用で余剰汚泥の発生を大幅に減少させる世界で初めての技術 ― エステプロセス ―の開発に成功しました。
エステプロセスは、余剰汚泥を汚泥可溶化槽(エステ槽)で処理後、曝気槽に返送し無機化する、水処理・汚泥処理一体型のプロセスです。
汚泥減容化システム/RESER(レセル)システム このRESER/レセルシステムは、従来の嫌気性消化処理プロセスに汚泥の加水分解プロセスを
効果的に組み合わせた地球にやさしい汚泥減容化システムです。
 このシステムにより、脱水汚泥量の低減、消化槽容量の低減及び有効利用消化ガス量の増加の効果を有します。
 これらの効果を、流入汚水量100,000m3/日規模の処理場で、汚泥濃縮から焼却設備までを対象に経済性と環境保全性を試算すると、従来消化技術に対してレセルシステムは下記の通りとなります。
 ・ 建設費:20%削減
 ・ ランニングコスト:20%削減
 ・ CO2発生量:60%削減
脱水ケーキ貯留・定量搬出装置/コニカルサイロ 下水汚泥の発生量の急速な増大や集約処理の必要性から、脱水汚泥貯留の方法・大容量化がクローズアップされています。従来の貯留設備では、「貯留規模の大型化ができない」「ブリッジ現象が発生しやすい」「臭気対策が困難」等の問題点がありました。
 神戸製鋼は、これを解決する貯留装置として「コニカルサイロ」をご提案させていただき、数多くの実績を重ねて参りました。(全国30処理場、57基)
 こうした経験に基づいたサイロ技術をさらに発展させ、省エネ・省力化及び大型化を可能にしたコニカルサイロを実用化し、ご提供いたします。
循環流動層下水汚泥焼却炉/循環流動層下水汚泥焼却炉 従来、下水汚泥脱水ケーキの焼却炉としては、気泡流動層焼却炉が主流ですが、
(1)汚泥性状の変動に強い焼却炉が欲しい
(2)排ガスを今以上にクリーンにしたい
(3)狭い敷地に大容量の汚泥焼却炉を設置したい
というニーズに答えることができる次世代の焼却炉として循環流動層焼却炉を商品化しました。
 循環流動層焼却炉は、焼却炉本体とホットサイクロン及びループシールで構成されており、高速のガス流に伴い流動砂が焼却炉・サイクロン間を循環します。
焼却溶融システム/焼却溶融システム 当社の下水汚泥焼却溶融システムは製鉄プロセスの微粉炭燃焼技術をベースに開発したもので、焼却灰を高温で溶融しスラグ化するものです。
 下水汚泥はコニカルサイロ(定量フィーダ)から焼却炉へ定量的に供給され、850℃以上の高温で完全燃焼されます。燃焼により発生した焼却灰は排ガスと共に炉外へ排出され、サイクロン・バグフィルタで捕集された後、溶融炉へ送られます。
 当社の溶融炉は円筒竪型旋回流式を採用しており、焼却灰は燃焼空気と共に強い旋回を与えられて1400℃以上の高温に維持された溶融炉内に吹き込まれ、瞬時に加熱・溶融し、遠心力によって炉壁に衝突し、炉壁を融液となって流下・排出されスラグとなります。この溶融スラグ化により減容化がはかれると共に、下水汚泥中に含まれる重金属類も固定化されます。また得られたスラグは路盤材や建築骨材として有効利用が可能です。
名称/商品名
バイオガス精製装置/バイオ天然ガス化設備
概要
下水処理の過程で発生する消化ガスは、メタンと二酸化炭素を主成分とする可燃性ガスですが、熱量が都市ガスと比べて低く、また硫化水素やシロキサンなどの不純物を含むため、そのまま利用すると機器の損傷・劣化が生じる場合があります。
 バイオ天然ガス化設備は、消化ガスのメタン純度を上げることで熱量を高めるとともに、不純物を除去することにより、天然ガス自動車燃料や都市ガス原料として利用できる高品質ガス(以下「バイオ天然ガス」)を安定的に精製できる設備です。
 カーボンニュートラルな消化ガスが多様な形態で利用可能になり、消化ガスの有効利用率を高めることができるため、CO2削減に寄与できる設備です。
 神鋼環境ソリューションは下水処理場の地球温暖化防止に対する一つのアプローチとして「バイオ天然ガス化設備」を提供していきたいと考えております。
名称/商品名
ベルト型ろ過濃縮機/ベルト型濃縮機
概要
近年、濃縮設備において低動力/低騒音/コンパクトな機器のニーズが高まっております。また操作性/濃縮性の性能改善はもとより維持管理費低減もはかれる機種として「樹脂性ベルト濃縮機」を提供しております。
 余剰汚泥・生汚泥・混合生汚泥のいづれの汚泥に対しても濃縮汚泥濃度4%以上、回収率95%以上、薬注率0.3%程度を十分に満足する設備です。
 またベルト材質に軽量/安価な樹脂を採用することにより、その他付属品を含めて維持管理上、専門知識が不要な設備です。
 省電力/低薬注率を図ることにより下水処理場から発生するCO2削減に寄与でき地球温暖化防止に貢献できる設備として提供していきたいと考えております。
名称/商品名
合成樹脂製汚泥掻寄機/ノンメタリック汚泥掻寄機
概要
下水処理用汚泥掻寄機は、腐食環境下で長期間連続使用されるため耐食性、耐摩耗性が要求されています。このため、当社では従来より本体チェン、本体チェン用スプロケット、フライト、シューに高性能プラスチック部品を採用することにより機器機能の向上に努めてまいりました。この度、駆動チェン、駆動チェン用スプロケット、軸受、レール、ブラケット等の全ての接液部品についてもプラスチック化することに成功し、汚泥掻寄機全体として更に機器寿命を延長することを可能としました。
名称/商品名
オキシデーションディッチ/シグマディッチ
概要
円形あるいは長円形の無終端水路を反応タンクとするオキシデーションディッチ法では、水路全体に所定の流速を与えて、下水と活性汚泥の混合液を循環させながら、下水処理に必要な酸素を供給するほか、水路内の活性汚泥と流入下水を混合攪拌して、活性汚泥が沈降しないようにする必要があります。
 本装置では、これらの機能を最も効率よく行わせるために縦型機械式エアレーション装置 「シグマウェーブエアレーター」を採用しています。
名称/商品名
双曲面形 攪拌機/PABIO MIX
概要
 PABIO MIX は、混合に最適な形状の回転体を使用することにより、効率のよいタンク内の攪拌と酸素供給を可能にしました。ミキサータイプ(均一攪拌・沈殿防止)とエアレータータイプ(曝気・攪拌)があります。
名称/商品名
生物脱臭システム/Hi-Deo(ハイデオ)
概要
優れた性能を持つ多孔質カーボン担体を使用した当社の生物脱臭装置は、開発過程で多様な条件をクリアした装置であり、下水処理場における固有の様々な条件に対して優れた能力を発揮します。平成4年に1号機を納入して以来、従来脱臭法の維持管理の煩わしさやコストの問題を解決し、各所でご好評を得ております。
名称/商品名
担体投入型高度処理プロセス/AQUANITE(アクアナイト)
概要
下水処理においては、富栄養化防止を目的とした公共用水域保全の観点から、従来の有機分に加え、窒素、りんも除去対象とした高度処理のニーズが高まっています。
 下水中の窒素、りん除去法としては、循環式硝化脱窒法や嫌気-無酸素-好気法(A2O法)が実用化されていますが、これらの方法では、反応タンク滞留時間が標準活性汚泥法に比べて約2倍かかるため、広大なスペースが必要となります。
当社の担体投入硝化脱窒システムでは、微生物を高濃度に保持する微生物固定化担体を反応タンクに投入して反応を促進し、標準活性汚泥法と同等の反応タンク滞留時間で高度処理を行います。
名称/商品名
汚泥減量化設備/エステプロセス
概要
現在、下水/排水は主に微生物を利用した生物的処理法で処理されていますが、この処理法から発生する大量の余剰汚泥は、焼却または埋立処分されています。しかし、最近では焼却によるダイオキシンの発生や埋立処分場確保が困難になってきており、汚泥処理は深刻な社会問題になってきています。この余剰汚泥の問題に対して、当社は高温域で活性を示す微生物(好熱菌)の作用で余剰汚泥の発生を大幅に減少させる世界で初めての技術 ― エステプロセス ―の開発に成功しました。
エステプロセスは、余剰汚泥を汚泥可溶化槽(エステ槽)で処理後、曝気槽に返送し無機化する、水処理・汚泥処理一体型のプロセスです。
名称/商品名
汚泥減容化システム/RESER(レセル)システム
概要
このRESER/レセルシステムは、従来の嫌気性消化処理プロセスに汚泥の加水分解プロセスを
効果的に組み合わせた地球にやさしい汚泥減容化システムです。
 このシステムにより、脱水汚泥量の低減、消化槽容量の低減及び有効利用消化ガス量の増加の効果を有します。
 これらの効果を、流入汚水量100,000m3/日規模の処理場で、汚泥濃縮から焼却設備までを対象に経済性と環境保全性を試算すると、従来消化技術に対してレセルシステムは下記の通りとなります。
 ・ 建設費:20%削減
 ・ ランニングコスト:20%削減
 ・ CO2発生量:60%削減
名称/商品名
脱水ケーキ貯留・定量搬出装置/コニカルサイロ
概要
下水汚泥の発生量の急速な増大や集約処理の必要性から、脱水汚泥貯留の方法・大容量化がクローズアップされています。従来の貯留設備では、「貯留規模の大型化ができない」「ブリッジ現象が発生しやすい」「臭気対策が困難」等の問題点がありました。
 神戸製鋼は、これを解決する貯留装置として「コニカルサイロ」をご提案させていただき、数多くの実績を重ねて参りました。(全国30処理場、57基)
 こうした経験に基づいたサイロ技術をさらに発展させ、省エネ・省力化及び大型化を可能にしたコニカルサイロを実用化し、ご提供いたします。
名称/商品名
循環流動層下水汚泥焼却炉/循環流動層下水汚泥焼却炉
概要
従来、下水汚泥脱水ケーキの焼却炉としては、気泡流動層焼却炉が主流ですが、
(1)汚泥性状の変動に強い焼却炉が欲しい
(2)排ガスを今以上にクリーンにしたい
(3)狭い敷地に大容量の汚泥焼却炉を設置したい
というニーズに答えることができる次世代の焼却炉として循環流動層焼却炉を商品化しました。
 循環流動層焼却炉は、焼却炉本体とホットサイクロン及びループシールで構成されており、高速のガス流に伴い流動砂が焼却炉・サイクロン間を循環します。
名称/商品名
焼却溶融システム/焼却溶融システム
概要
当社の下水汚泥焼却溶融システムは製鉄プロセスの微粉炭燃焼技術をベースに開発したもので、焼却灰を高温で溶融しスラグ化するものです。
 下水汚泥はコニカルサイロ(定量フィーダ)から焼却炉へ定量的に供給され、850℃以上の高温で完全燃焼されます。燃焼により発生した焼却灰は排ガスと共に炉外へ排出され、サイクロン・バグフィルタで捕集された後、溶融炉へ送られます。
 当社の溶融炉は円筒竪型旋回流式を採用しており、焼却灰は燃焼空気と共に強い旋回を与えられて1400℃以上の高温に維持された溶融炉内に吹き込まれ、瞬時に加熱・溶融し、遠心力によって炉壁に衝突し、炉壁を融液となって流下・排出されスラグとなります。この溶融スラグ化により減容化がはかれると共に、下水汚泥中に含まれる重金属類も固定化されます。また得られたスラグは路盤材や建築骨材として有効利用が可能です。
一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ