会員企業一覧

株式会社 荏原製作所

  • 風水力
本社
〒144-8510
東京都大田区羽田旭町11-1
http://www.ebara.co.jp/
TEL : 050-3416-0123
FAX : 03-3744-0187

支社・支店・営業所等

北海道支社
〒003-0027
北海道札幌市白石区本通19丁目 北1-25
TEL : 011-864-7761
FAX : 011-864-7686
東北支社
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-30 SFI仙台ビル7・8階
TEL : 022-290-8822
FAX : 022-299-1688
北陸支社
〒950-0965
新潟県新潟市中央区新光町16-4
TEL : 025-212-5000
FAX : 025-285-8201
東京支社
〒144-8510
東京都大田区羽田旭町11-1
TEL : 050-3416-0123
FAX : 03-3744-0187
北関東支店
〒330-0854
埼玉県さいたま市北区奈良町14-3
TEL : 048-646-7129
FAX : 048-666-6112
中部支社
〒451-0044
愛知県名古屋市西区菊井2-22-7
TEL : 052-446-6762
FAX : 052-562-0220
大阪支社
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ
TEL : 06-6452-6624
FAX : 06-6440-4882
四国支店
〒761-8071
香川県高松市伏石町2151-2
TEL : 087-866-7470
FAX : 082-866-7479
中国支社
〒733-0012
広島県広島市西区中広町3-25-1
TEL : 082-554-5011
FAX : 082-295-0040
九州支社
〒812-0017
福岡県福岡市博多区美野島1-2-8 NTビル
TEL : 092-415-8321
FAX : 092-415-8315

技術紹介

「技術ギャラリー」コーナーへリンクしています

名称/商品名 概要
楽々点検ポンプ/-

 従来の縦軸ポンプでは、吐出しボウル内にある水中軸受の点検や整備(交換)をするために、ポンプ本体をはじめ、減速機等の引き上げが必要でした。その結果、作業期間が長期化し、費用の負担が大きくなっていました。

 楽々点検ポンプでは、水中軸受を羽根車下方のベルマウス部に設けることで、ポンプを据え付けたまま水槽内部からの点検・交換を可能とし、作業期間の短縮 及び 費用負担の縮減を実現しました。

ポンプ運転制御・水理解析シミュレータ/フレイア Fleia/FGM ポンプ運転制御・水理解析シミュレータ(Fleia)は、ポンプやバルブなどの機器の運転制御と水路流況をシミュレートし、結果を視覚的に表すことにより、最適な機器運転制御の計画を可能とします。
超軽量排水ポンプ/P25、P50、P50T、P75

 局地的豪雨による都市型浸水(アンダーパス、ビル地下街、地下鉄等の浸水)や、地震等の災害後に発生する浸水被害が大きな問題となっています。こうした不特定多数の浸水発生場所へ駆けつけ、活躍するのが排水ポンプ車ですが、更なる機動性・作業性向上を実現したのが、荏原の“超軽量排水ポンプ”です。

固体伝搬音対策技術/ENAVIC(エナビック)パネル

 ポンプ設備には、ポンプ・送風機・駆動機(電動機・ディーゼル機関・減速機等)といった、運転時に騒音や振動を伴う機器が設置されており、周辺環境に合わせた騒音対策が必要になります。発生する音には、空気中を伝わる“空気伝搬音”と、機器の振動が床や壁・配管などを伝わり外壁などから屋外へ放射される“固体伝搬音”があります(図1)。特に固体伝搬音は、対策や正確な予測が難しく、設備稼働後に問題となるケースがあります。

 ENAVICパネルは、既設・新設の設備を問わず、この空気伝搬音と固体伝搬音の2つを防止する機能を持つ騒音対策パネルです。

名称/商品名
楽々点検ポンプ/-
概要

 従来の縦軸ポンプでは、吐出しボウル内にある水中軸受の点検や整備(交換)をするために、ポンプ本体をはじめ、減速機等の引き上げが必要でした。その結果、作業期間が長期化し、費用の負担が大きくなっていました。

 楽々点検ポンプでは、水中軸受を羽根車下方のベルマウス部に設けることで、ポンプを据え付けたまま水槽内部からの点検・交換を可能とし、作業期間の短縮 及び 費用負担の縮減を実現しました。

名称/商品名
ポンプ運転制御・水理解析シミュレータ/フレイア Fleia/FGM
概要
ポンプ運転制御・水理解析シミュレータ(Fleia)は、ポンプやバルブなどの機器の運転制御と水路流況をシミュレートし、結果を視覚的に表すことにより、最適な機器運転制御の計画を可能とします。
名称/商品名
超軽量排水ポンプ/P25、P50、P50T、P75
概要

 局地的豪雨による都市型浸水(アンダーパス、ビル地下街、地下鉄等の浸水)や、地震等の災害後に発生する浸水被害が大きな問題となっています。こうした不特定多数の浸水発生場所へ駆けつけ、活躍するのが排水ポンプ車ですが、更なる機動性・作業性向上を実現したのが、荏原の“超軽量排水ポンプ”です。

名称/商品名
固体伝搬音対策技術/ENAVIC(エナビック)パネル
概要

 ポンプ設備には、ポンプ・送風機・駆動機(電動機・ディーゼル機関・減速機等)といった、運転時に騒音や振動を伴う機器が設置されており、周辺環境に合わせた騒音対策が必要になります。発生する音には、空気中を伝わる“空気伝搬音”と、機器の振動が床や壁・配管などを伝わり外壁などから屋外へ放射される“固体伝搬音”があります(図1)。特に固体伝搬音は、対策や正確な予測が難しく、設備稼働後に問題となるケースがあります。

 ENAVICパネルは、既設・新設の設備を問わず、この空気伝搬音と固体伝搬音の2つを防止する機能を持つ騒音対策パネルです。

一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ