技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

メンブレンパイプ式超微細気泡散気装置/ミクラス

分類 水処理設備-反応タンク [ この分類の技術一覧 ]
名称 メンブレンパイプ式超微細気泡散気装置
商品 ミクラス
会社名 住友重機械エンバイロメント 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 営業企画部
TEL : 03-6737-2728(直通)  FAX : 03-6635-5724

概要

下水道処理施設全体の消費電力削減のためには、処理に必要な空気量を削減できる散気装置を導入することが最も効果的です。

一方、散気装置の選定に当たっては、点検や補修の容易さなどの維持管理性や閉塞の起こりにくさなどの安定性も重要です。

さらに、流入水質や流入水量の変動への対応や、反応タンクの嫌気・好気運転への対応などの運転制御性も同時に備えられれば理想的です。

これらの特徴を兼ね備えたものがパイプ形のメンブレン式超微細気泡散気装置です。

特徴

1.優れた曝気撹拌機能
 高い酸素移動効率による省エネ効果と最適配置による確実な撹拌性能を両立させています。

2.高い耐久性
 耐熱・耐薬品性に優れ、劣化の少ない特殊シリコンゴムの採用により高い耐久性を実現しています。

3.容易なメンテナンス
 本体はそのままでメンブレンのみの交換が可能なため低コストでの長寿命化が可能です。

4.経済的な施工性
 非常に軽量であり、散気装置を直接空気供給管に取り付けるため、散気装置用架台などは不要です。

適用

処理方式としては、標準活性汚泥法、循環脱窒法、ステップ流入式多段硝化脱窒法、嫌気無酸素好気法などの好気槽、兼用槽に使用できます。

散気方式としては、全面曝気式、旋回流式(標準槽、深槽)いずれにも使用可能です。

お客様の様々なご要望にお応えするため、15年の連続稼働実績を有する標準型に加え、酸素溶解性能をさらに向上させた高効率型メンブレン、高い酸素溶解性能と低い圧力損失を両立させた低圧損型メンブレンをラインナップしております。また、従来型の散気筒と同じ取り付けが可能な「ねじ込み式」も用意しております。(ライザー・ヘッダー管は既設を流用し、従来の散気筒のみを交換)

実績

地方共同法人日本下水道事業団標準仕様書「低圧損型メンブレン式散気装置(M型)」準拠品

地方共同法人日本下水道事業団殿と共同研究(平成26年度【低圧損型】)

(公財)日本下水道新技術機構建設技術審査証明(平成203月取得、平成293月更新)

納入実績:全国85処理場、42,200本(平成302月現在)

主仕様

1.構造
 ポリプロピレンを主材料として一体成形された本体と、微細なスリットを有するメンブレンから成り、バンドでメンブレンを固定したシンプルな構造です。

2.主要寸法


型  式

外 径
mm

全 長
mm

重 量
kg

D-1000L

66

1,200

1.70

D-1500L

66

1,700

2.25

D-2000L

66

2,200

2.75

S-500L(ねじこみ式)

66

525

0.70

S-750L(ねじこみ式)

66

775

1.00

3.材質
 本体          ポリプロピレン
 メンブレン    特殊シリコンゴム
 バンド        SUS304相当(SUS316相当)
 固定金具      SUS304相当(SUS316相当)  ( )はオプション

散気方式

1.散気時
 空気供給管から、本体の空気分配溝へ空気が供給され、メンブレンが膨らみます。
 メンブレンのスリットは側面のみにあり、気泡の会合が少なく微細な気泡を均一に発泡する構造となっています。

2.停止時
 散気停止時は、水圧によりメンブレンが本体に密着し、スリットが閉じて止水します。このため、汚水の浸入が少なく、スリットの目詰りが起こりにくい構造となっています。


システムとしての特徴

  空気供給管にミクラスを固定するだけのシンプルな構造で、超微細気泡を効率的に作り出すことができます。このため新設だけでなく更新工事にも最適です。

点検や交換を容易にできる吊上げ式のオプションもあります。

メンブレンパイプ式超微細気泡散気装置/ミクラスに関するお問い合わせ

問合せ先 営業企画部
TEL : 03-6737-2728(直通)  FAX : 03-6635-5724

Pickup
一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ