技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

環境配慮型製品/省スペース動力制御盤とコントロールセンタ(新仕様動力制御盤)

分類 電機設備-監視制御・情報伝達 [ この分類の技術一覧 ]
名称 環境配慮型製品
商品 省スペース動力制御盤とコントロールセンタ(新仕様動力制御盤)
会社名 メタウォーター株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 営業本部 営業企画部
TEL : 03-6853-7340(直通)  FAX : 03-6853-8714(直通)

概要

省スペース動力制御盤とコントロールセンタ新仕様動力制御盤本製品は、マニュアルモータースタータ(MMS)を採用し、配電盤の省スペースと高性能・高品質部品使用による信頼性向上トータルコスト削減・環境とリサイクルへ配慮した配電盤を提案致します。

盤体の省スペースと高性能・高品質部品使用により信頼性を向上し、コスト負担軽減、環境リサイクルへ配慮した動力制御盤を実現しております。
マルチモータースターター(MMS)は、従来の電動機回路の過負荷・欠相・短絡保護を1台で果たします。国内外の規格に適合し安全規格を導入した環境規制と温暖化防止に配慮した製品です。

特徴

1.新仕様動力制御盤・コントロールセンタの特徴
1) 動力制御盤・コントロールセンタ面数を低減でき電気室スペースを有効に利用できます。
2) 高性能・高品質部品使用による信頼性向上。環境・リサイクルへ配慮した配電盤。
マニュアルモータースタータ(MMS)を使用することで環境負荷低減に効果があります。また高性能(高遮断容量)・安全性が向上しました。

2.マニュアルモータースタータ(MMS)の特徴
1) 電動機保護性能と短絡遮断特性のを1台で実現し品質・信頼性・保守性・操作性の向上しました。
2) 環境・リサイクルを配慮した製品です。
3) 安全規格を導入しております。
4) 環境規制と温暖化防止に配慮した製品です。

適用

動力制御盤・コントロールセンタにおいて省スペースな設置場所に適用できます。
本製品は、マニュアルモータースタータ(MMS)を採用し、配電盤の省スペースと高性能・高品質部品使用による信頼性向上トータルコスト削減・環境とリサイクルへ配慮した配電盤を提案致します。

1.新仕様動力制御盤・コントロールセンタの特徴

動力制御盤・コントロールセンタ面数を低減でき電気室スペースを有効に利用できます。
1)動力制御盤の省スペース比較。
器具面積40%削減。
従来サイズ363cm→新サイズ217cm

盤面積 17%削減。
従来サイズ W1800×D1000×H2350
新サイズ  W1500×D1000×H2350

2)コントロールセンタの省スペース比較。
一面当りの実装効率が約1.4倍となり一面あたり従来7ユニットから10ユニットに増加。

3)高性能・高品質部品使用による信頼性向上。環境・リサイクルへ配慮した配電盤。
マニュアルモータースタータ(MMS)を使用することで環境負荷低減に効果があります。また高性能(高遮断容量)・安全性が向上しました。

2.マニュアルモータースタータ(MMS)の特徴

マニュアルモータースタータ(MMS)とは電動機回路の過負荷・欠相保護と短絡電流遮断の役割を1台で果たすIEC規格に対応した新しいタイプのモーター専用ブレーカです。

1)電動機保護性能
 各相に検出素子を備え3素子・2Eサーマルリレー特性を持ち電動機回路の過負荷・欠相を保護します。
2)短絡遮断特性
 コンパクトなボディで最大100kAまでの高遮断性能。
通過遮断エネルギーを従来の1/5以下に低減する超限流遮断。
3)安全性
 端子部のIP20保護構造によるフィンガープロテクションと接点溶着時にOFF表示しない断路(アイソレーション)機能を搭載。
4)ブスバーシステム・接続モジュールの採用により、省スペース配線を実現。
5)リサイクル可能材料の採用。
 (プラスチック部品にリサイクル可能な熱可塑性樹脂の採用)
環境フリー材料の採用。
(カドミフリー接点の採用)
6)全機種共通のワンタッチ取付内装付属品により、警報接点等の現地変更に対し容易に対応。
7)適用規格
 国内JISC8201ほか、海外IEC60947-1,-2,IEC60947-1,UL508ほかに適合。

メタウォーター株式会社ホームページへ
http://www.metawater.co.jp/

環境配慮型製品/省スペース動力制御盤とコントロールセンタ(新仕様動力制御盤)に関するお問い合わせ

問合せ先 営業本部 営業企画部
TEL : 03-6853-7340(直通)  FAX : 03-6853-8714(直通)

Pickup
一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ