技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

下水汚泥エネルギー変換システム/流動床式炭化システム

分類 汚泥処理設備-炭化炉 [ この分類の技術一覧 ]
名称 下水汚泥エネルギー変換システム
商品 流動床式炭化システム
会社名 メタウォーター株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 営業本部 営業企画部
TEL : 03-6853-7340(直通)  FAX : 03-6853-8714(直通)

概要

下水汚泥や都市ごみなどを焼却せず蒸し焼きにして、炭化物を製造・回収し、有効利用を可能とするシステムです。製造した炭化物は、電気炉製鋼所での加炭材(コークスなど)や石炭ボイラでの化石燃料(石炭など)を代替する工業用途をはじめとして、培養土、土壌改良剤、融雪剤など、幅広い用途に利用することが可能です。

特徴

・高品質の炭化物が製造可能

流動層で炭化するため、性状が均質で高品質な炭化物が得られます。

・温室効果ガス(CO2)の削減に貢献

下水汚泥の自己エネルギーを利用して炭化処理を行うため、補助燃料使用量が極小であるとともに、炭化物を化石燃料代替として利用することで、温室効果ガスの排出削減に貢献します。

・炭化物の組成や形状の調整が可能

炭化物の可燃分割合を調整できるほか、必要に応じて水洗浄による脱塩も可能です。造粒、袋詰めなどにより、利用先の用途に合わせた様々な炭化物を製造可能です。

・設備の起動・停止が安全かつ簡単で、間欠運転が容易

砂の蓄熱により設備の起動時間が短く、間欠運転が容易です。また、炭化炉内での処理物(可燃物)保持量が少ないため、起動・停止が安全かつ簡単に行えます。

適用

・下水汚泥だけでなく幅広い廃棄物にも対応

流動床の炉内攪拌効果や砂の蓄熱効果により、下水汚泥から廃プラスチックまで幅広い性状の廃棄物を安定して炭化処理することが可能です。

導入効果

・地球温暖化防止に貢献

システムの補助燃料使用量が極めて少ないため、温室効果ガスの発生量を削減できます。また、下水汚泥から製造した炭化物を有効利用して、電気炉製鋼所や石炭ボイラなどにおける加炭材・化石燃料由来の温室効果ガス排出量を削減します。

・埋立量の大幅削減

炭化物を100%有効活用することにより、焼却後、埋立処分されていた焼却灰等の埋立量を大幅に削減できます。

下水汚泥エネルギー変換システム/流動床式炭化システムに関するお問い合わせ

問合せ先 営業本部 営業企画部
TEL : 03-6853-7340(直通)  FAX : 03-6853-8714(直通)

Pickup
一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ