お知らせ

ISO/TC275(汚泥の回収、再生利用、処理及び廃棄)ワークショップ聴講のご案内

2017年10月12日 (木)

 ISO/TC275は「汚泥の回収、再生利用、処理及び廃棄」にかかわる国際規格の作成を目指して活動している専門委員会で、日本は、7つの作業部会(ワーキンググループ:WG)のうち、特にWG5(熱操作)とWG7(無機物及び栄養塩類の回収)の活動に注力して参加しています。WG5では、作業原案に対して日本からの意見を積極的に発信しています。WG7では、日本から日立造船株式会社 大地佐智子氏が座長に就任し、今後、作業原案の提案と取りまとめを進めていく予定です。
 このたび、第5回全体会議が日本(横浜市)で開催されることになりました。全体会議では、各作業部会のほかに、ワークショップ「汚泥からの資源回収」が併催されます。このワークショップではWG7に関連し、汚泥からの資源回収に関する各国の取組みについての講演が予定されており、どなたでも聴講が可能です。聴講希望の方は、10月27日(金)までに、登録フォーム(https://wss3.5star.jp/survey/login/peb9j05d)よりお申込みください。申し込みは定員になり次第、終了となります。
 当日は申込完了画面からリンクするPDFファイルをプリントアウトして、会場受付でご提示ください。

                  記

1.名称  :ISO/TC275 ワークショップ「汚泥からの資源回収」
     (第5回 ISO/TC275全体会議 併催イベント)

2.日時  :平成29年11月6日(月)9:30~12:00

3.場所  :日本丸メモリアルパーク 訓練センター 第1・2教室
     (JR・横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅から徒歩5分)

4.講演内容(予定) :各国における汚泥処理に係る施策及び技術開発の取組み

             (講演者)Mr.Jyrki Laitinen(フィンランド)
                    Mr.Jean-Marc Audic(フランス)
                   Mr.Christian Kabbe(ドイツ)
                   土屋 美樹氏(国土交通省下水道企画課)

             ※全講演:英語(通訳なし)

5.主催  :地方共同法人日本下水道事業団、一般社団法人日本下水道施設業協会

6.問い合わせ :一般社団法人日本下水道施設業協会
           技術部長 堅田 智洋
           電話 03‐3552‐0991
           E-mail:katada@sisetsukyo.jp

一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ