活性汚泥動物園

活性汚泥動物園

ご案内

あなたの家から出てくる下水は下水処理場で「活性汚泥」によって浄化されます。

活性汚泥は下水中に空気を吹き込んでいて数日経過すると形成されて来ます。

活性汚泥は主としてバクテリア(細菌類)、原生動物、後生動物などから構成されている「生物群集」です。

バクテリアは下水中に溶けている有機物を食べて増殖し、原生動物や後生動物はそのバクテリアや粒子状の有機物を食べて増殖し その結果として下水中の有機物や粒子状物質が生物の体になって浄化され清澄な水になります。活性汚泥の中に棲む微生物のうちバクテリアは浄化の主役ですが小さくて顕微鏡で見てもよく分かりません。

原生動物はその種類も多く、個体数も多く、そして顕微鏡で簡単に見ることが出来ます。その役割も浄化の「仕上役」であり、また活性汚泥や処理水の状態を反映しますので、「目安」として利用できます。後生動物も同じような役割を果たしますが、出現する種類も多くありません。

原生動物はその特性からいくつかの「群」に分けられますが出現するのは「肉質虫類」「鞭毛虫類」「繊毛虫類」の3群です。

肉質虫類
アメーバ類とも呼ばれ水中のバクテリアや粒子状有機物、時には他の小型の原生動物を食物とします。また殻を持つものと持たないものがあります。
鞭毛虫類
1~数本の鞭状の毛を持っているもので、溶けている有機物を食物とするものが多く、活性汚泥の状態が不十分の時に出現するものが多いようです。
繊毛虫類
体全体あるいは一部に短い毛(繊毛)や繊毛が変化した棘毛、吸管と呼ばれるものがあります。活性汚泥の浄化状態が安定し、処理水の性状が良い時に出現します。活性汚泥の中には200種類ぐらい出現します。

※ 参考図書「下水処理と原生動物」著者:盛下 勇

一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ