一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

汚泥減容化システム/RESER(レセル)システム

分類 汚泥処理設備 > 消化 [この分類の技術一覧]
汚泥処理設備 > 資源有効利用 [この分類の技術一覧]
汚泥処理設備 > その他 [この分類の技術一覧]
名称 汚泥減容化システム
商品 RESER(レセル)システム
会社名 株式会社 神鋼環境ソリューション[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 第一営業本部 水処理第一営業部
TEL : 03-5739-6531(直通)  FAX : 03-5739-6963

概要

このRESER/レセルシステムは、従来の嫌気性消化処理プロセスに汚泥の加水分解プロセスを
効果的に組み合わせた地球にやさしい汚泥減容化システムです。
このシステムにより、脱水汚泥量の低減、消化槽容量の低減及び有効利用消化ガス量の増加の効果を有します。
これらの効果を、流入汚水量100,000m3/日規模の処理場で、汚泥濃縮から焼却設備までを対象に経済性と環境保全性を試算すると、従来消化技術に対してレセルシステムは下記の通りとなります。
 ・ 建設費:20%削減
 ・ ランニングコスト:20%削減
 ・ CO2発生量:60%削減

特徴

従来の嫌気性汚泥処理プロセスに比較して、下記の特長を有しています。
(1)消化率の向上と消化汚泥の脱水性改善により、脱水汚泥量を1/2以下に削減できます。
    →・脱水汚泥処分費の低減
      ・後続の汚泥焼却設備の縮小による建設費の削減
      ・脱水性改善による、汚泥焼却処分時の化石燃料使用量削減(CO2削減)
(2)消化ガス量増大と消化槽加温熱量低減により、有効利用消化ガス量を2倍に増加します。
    →・消化ガス発電による創エネルギー
      ・消化ガスの熱エネルギーによる地域冷暖房
(3)消化槽投入汚泥の超高濃度化と消化速度の向上により消化槽容量を大幅に削減できます。
    →・消化槽建設費用の低減
      ・下水処理場の敷地有効利用

適用

下水処理場の嫌気性消化槽を適用する汚泥処理設備への適用システムであり、この付加価値として、消化ガスの有効利用の促進が図れることから、この利用技術を含めて提案致します。

実績

本技術は、ヨーロッパにおいて、6件の実績があり、供用運転及び建設中で、良好な運転実績となっています。
国内においては、新潟県の長期計画「資源再生・ごみ半減戦略」における下水汚泥の最終処分場埋立て量削減の一環として、新潟県長岡浄化センターにて実証実験を開始しました。この概要は下記の通りです。
 ①実施期間;2002年度実証プラント建設 2003年度実証実験
 ②処理能力;定格3.9t-DS/日(流入汚水量;18,000m³/日に相当し、長岡浄化センターの1系)
水処理設備から発生した汚泥は,高濃度濃縮工程(濃縮脱水機または濃縮機+脱水機)で汚泥を濃度15%まで濃縮し、加水分解プロセスへ投入します。
加水分解プロセスではパルパー,リアクター、フラッシュタンクの三種類の圧力容器で構成され、蒸気による汚泥の可溶化が行われます。パルパーでは、破砕循環ポンプで汚泥を均質化し、かつ、リアクターからの余剰蒸気で汚泥の余熱を行います。リアクターでは、蒸気を供給し約170℃、7気圧の状態を保持することにより汚泥を可溶化します。次にリアクター上部からパルパーへ蒸気を返送し、リアクター内の圧力を約3気圧に減圧し、残る圧力により汚泥をフラッシュタンクへ移送します。フラッシュタンクは、リアクターのバッチ運転に対応して、可溶化汚泥を貯留し、消化槽へ連続投入するためのタンクです。フラッシュタンク内の汚泥は約80℃となるため温水として熱回収し、消化に適切な温度で消化槽へ供給します。
加水分解後の可溶化汚泥は、従来の消化槽投入汚泥濃度である3%に対して約3倍の10%濃度の汚泥となりますが、その粘性は従来汚泥と同程度であり、従来の消化槽の撹拌装置で対応可能です。また、汚泥が可溶化していることから、消化速度が向上し高い消化率を得ることができます。
消化汚泥は、加水分解の効果により、脱水性が改善され、65%程度の脱水汚泥含水率を得ることができ、脱水汚泥量が大幅に低減し、さらに発熱量がアップすることにより焼却設備で自燃が可能となります。
図1.RESER(レセル)システムフロー

図1.RESER(レセル)システムフロー

図2.RESER(レセル)システム(長岡浄化センター納入設備・パルパー、リアクター、フラッシュタンク)

図2.RESER(レセル)システム(長岡浄化センター納入設備・パルパー、リアクター、フラッシュタンク)

汚泥減容化システム/RESER(レセル)システムに関するお問い合わせ

問合せ先
第一営業本部 水処理第一営業部
TEL : 03-5739-6531(直通)  FAX : 03-5739-6963

Page Top