一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

担体投入型高度処理プロセス/AQUANITE(アクアナイト)

分類 水処理設備 > 生物処理 / 浮遊生物法 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 生物処理 / 生物膜法 [この分類の技術一覧]
名称 担体投入型高度処理プロセス
商品 AQUANITE(アクアナイト)
会社名 株式会社 神鋼環境ソリューション[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 第一営業本部 水処理第一営業部
TEL : 03-5739-6531(直通)  FAX : 03-5739-6963

概要

下水処理においては、富栄養化防止を目的とした公共用水域保全の観点から、従来の有機分に加え、窒素、りんも除去対象とした高度処理のニーズが高まっています。
下水中の窒素、りん除去法としては、循環式硝化脱窒法や嫌気-無酸素-好気法(A2O法)が実用化されていますが、これらの方法では、反応タンク滞留時間が標準活性汚泥法に比べて約2倍かかるため、広大なスペースが必要となります。
当社の担体投入硝化脱窒システムでは、微生物を高濃度に保持する微生物固定化担体を反応タンクに投入して反応を促進し、標準活性汚泥法と同等の反応タンク滞留時間で高度処理を行います。

特徴

1)担体投入で省スペース化
 反応タンクにゲル状からなる微生物固定化担体を投入することにより、微生物を高濃度に保持し、滞留時間を短縮します。これにより、標準活性汚泥法と同等の反応タンク容量で窒素の除去が可能となります。
2)窒素・りんを同時除去
 嫌気-無酸素-好気法(A2O法)への適用や凝集剤の添加により窒素・りんの同時除去を行うことも可能です。
3)耐磨滅性に優れるゲル担体使用
 耐磨滅性に優れるゲル素材の結合固定化担体を使用しています。
 このため磨滅しにくく取り扱い容易で機械撹拌式散気装置にも適用できます。

適用

一般的な下水処理場の循環変法及びA2O法に適用できます。
担体が機械かくはん機にも使用できることから、適用範囲が広がりました。

1)沈降分離既設完全流用型(旋回流式散気方式)
2)沈降分離全面エアレーション散気方式型
3)沈降分離機械かくはん散気方式型
4)スクリーン分離全面エアレーション散気方式型
5)スクリーン分離機械かくはん散気方式型

実績

神戸市と共同研究。
実証プラントによる実験済み(平成7年4月~平成11年3月)
平成11年4月 特許出願。
平成13年4月 明石市大久保浄化センターにて供用開始。
下水高度処理の硝化脱窒を標準活性汚泥法並の反応タンク滞留時間で行う方法として、担体投入法が行われてきました。神戸製鋼も以前からこのシステムに取り組み、ここに担体およびシステム共に特徴のある装置として製品化しました。

1、担体の特長

1)結合固定化担体(φ4mm×長4mmの円柱形状)
 微生物を包含していない結合固定化担体のため、製造保管が容易で、安定大量供給に応じられます。
2)ゲル素材
 親水性に優れ微生物に馴染みやすい超微細な空孔を有するゲル素材です。
3)高い膨潤性
 水を吸収して約8倍の容積に膨れ上がるという高い膨潤性を備えています。
 このため、乾燥状態では軽く、体積も小さくなるため、輸送・保管および投入が楽に行えます。
4)物理強度が高い
 吸水・膨潤後の物理強度が高く耐磨滅性に優れています。
 このため、担体の補充量が極めて少なく、機械かくはん機の使用も可能です。

2、システムの特長

1)生物的に窒素を除去する高度処理システム
2)担体投入方式により省スペース化
3)取り扱い容易な結合固定化担体を使用
4)A2O運転運転にも適用可能
5)担体分離にはスクリーン分離方式と沈降分離方式を採用
図1.沈降分離システムフロー

図1.沈降分離システムフロー

担体投入型高度処理プロセス/AQUANITE(アクアナイト)に関するお問い合わせ

問合せ先
第一営業本部 水処理第一営業部
TEL : 03-5739-6531(直通)  FAX : 03-5739-6963

Page Top