一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

高効率型回転加圧脱水機Ⅱ型/ロータリスネイル

分類 汚泥処理設備 > 濃縮・脱水 [この分類の技術一覧]
名称 高効率型回転加圧脱水機Ⅱ型
商品 ロータリスネイル
会社名 巴工業 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境設備営業部
TEL : 03-3442-5156  FAX : 03-3442-5179

概要

ロータリスネイルは金属円盤フィルタを使用した回転加圧脱水機で、カナダ・フォーニャ社から技術導入した従来にない新しい脱水機構を有する汚泥脱水機です。
従来機のロータリプレスより、理想的な曲率半径と効率的なケーキ圧搾機構が開発されて制作されました。
下水道の整備拡充にともない、下水汚泥量は年々増加の一途をたどっており、炭酸ガス排出量の削減を達成するために、省エネルギー、省スペースの脱水機が望まれています。ロータリスネイルはこれらの要求に応えるとともに、高い脱水性能を有する脱水機です。

特徴

1)シンプルな構造
 始動、停止に特別な工程を必要とせず、構成部品も少ないため運転・維持管理が容易です。
2)幅広い処理能力
 チャンネルの増設が容易であるため幅広い処理量に対応できます。
3)軽量でコンパクトな形状
 脱水機本体径が最大φ900mmであり、従来脱水機に比べ軽量かつコンパクトです。
4)密閉構造
 完全密閉構造で臭気漏れが無く、臭気対策が容易です。
5)安価な動力費
 本体回転数は0.2~2rpmと遅く、振動・騒音も無く、所要動力は、わずかです。
6)わずかな洗浄水量
 金属製フィルタで目詰まりがなく、通液運転時の洗浄水は不要で、停止時の洗浄水量はわずかです。

適用

下水汚泥、し尿処理汚泥、有機汚泥、パルプ汚泥

実績

現在、混合生汚泥、OD余剰汚泥、嫌気性消化汚泥に対し、80箇所の下水処理場に、88台納入され稼働しております。
平成10年9月から、(財)下水道新技術推進機構と民間4社により、ロータリプレスフィルタの実用化に関する共同研究を実施しました。平成12年3月に、「回転加圧脱水機 技術マニュアル」が(財)下水道新技術推進機構より発行され、また、平成14年3月には「回転加圧脱水機 技術資料(大規模処理場編)」が発行されました。
その後、平成20年3月に「高効率型回転加圧脱水機(ロータリスネイル) 技術マニュアル」が(財)下水道新技術推進機構が発行され、高効率型回転加圧脱水機(ロータリスネイル)も20箇所の下水処理場で21台稼働しております。

原理と構造

1.一対の金属円盤フィルタで密閉ろ室が形成されています。
2.原液は最大100kPaの圧力でろ室内に連続供給され、初期ろ過が行われます。
3.金属円盤フィルタ面に形成されるろ滓によって固形物の補足が向上し、ろ液が更に清澄になります。
4.初期ろ過で流動性を失った固形物は、金属円盤フィルタの回転力により固形物出口に向かって搬送されます。
5.バーチカルリストリクタの背圧で、ろ室内圧力が高まり圧搾脱水が進行します。
6.圧搾脱水ゾーンでは、内周・外周の固形物移動速度差で発生するせん断力により脱水が促進されます。
7.一連の脱水行程を経て脱水ケーキは、バーチカルリストリクタを押し退けて機外へ排出されます。
8.ろ室を覆う密閉カバーでろ液は捕集され、機外へ排出されます。
9.運転中は、スクレーパーによるかきとり、ろ液によるセルフクリーニングで洗浄水は不要となります。
10.洗浄は運転終了時にろ室内部に設けた洗浄ノズルから洗浄水を供給し、5~10分間程度行います。
図1.脱水原理

図1.脱水原理

図2.ロータリスネイル機構

図2.ロータリスネイル機構

高効率型回転加圧脱水機Ⅱ型/ロータリスネイルに関するお問い合わせ

問合せ先
環境設備営業部
TEL : 03-3442-5156  FAX : 03-3442-5179

Page Top