一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

オゾン処理設備/放流水全量消毒、再生水利用

分類 水処理設備 > 消毒 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 高度処理 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 再生水利用 [この分類の技術一覧]
名称 オゾン処理設備
商品 放流水全量消毒、再生水利用
会社名 前澤工業 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境ソリューション事業部 官需推進部
田中一輝
TEL : 048-253-0907(直通)  FAX : 048-253-0056

概要

水処理におけるオゾン利用は、上水での高度処理の他、下水、し尿、工場排水処理、プール、水族館など多くの分野に及んでいます。オゾンの持つ強力な酸化力は、細菌、ウィルス、原虫に対する殺菌効果に優れ、脱色効果、脱臭、生分解性・凝集性改善、難分解物質である有毒・有害性物質の安定化や無機化にも優れた効果を発揮します。
下水道分野での水処理における最近の利用状況では、水辺環境の保全や資源としての処理水の活用に対する要求が高まっており、オゾン処理による色度・臭気除去効果は、再生水の安定性と美観性確保になくてはならない水処理技術として確立されています。また、オゾンの高い酸化力を利用して活性汚泥中の細胞壁を破壊して生物分解性を促進し、余剰汚泥を減量化する汚泥減量化技術もあります。

特徴

前澤工業のオゾン処理設備は、処理水再利用及び放流水質の高度化として実績があり、次のような特長があります。
①安定した水質
大腸菌、一般細菌はもちろん、不活性化が難しいノロウィルス等のウィルスにも有効で、安定した水質が確保できます。
②脱色・脱臭に有効
一般的に難しいとされている処理水の脱色・脱臭に対して高い効果が得られます。
③放流先生態系への影響がない
残留性がなく、放流先での水生生物等生態系への影響がありません。
④CODの改善
残存する有機物を低分子化することができ、生物活性炭との組み合わせによりCOD所除去が可能となります。

適用

・下水処理水を修景・親水用水として利用する場合に最適です。
・脱色・脱臭効果が高く、安定性・美観性に厳しいトイレ等の再利用水に有効です。
・染色排水が混入する下水処理に対して、脱色効果が高いオゾン処理が有効です。
・生物活性炭設備と紫外線処理との組み合わせにより、更に高度な処理が可能です。
・消毒設備としては電力のみの設備ですので、薬品等の消耗品がなく、維持管理費が安価です。

実績

実績
 埼玉県日高市下水高度処理施設(アクアパークモデル事業)
 愛知県日光川上流流域日光川上流浄化センター
 福岡県粕屋町再処理施設

オゾン処理設備システムの構成

二次処理水を対象としたオゾン処理システムは、オゾン発生設備、オゾン反応設備、及び排オゾン処理設備から構成されます。さらに、オゾン濃度測定装置がオゾン処理システム全体の運転管理に必要となります。
① オゾン発生設備
オゾン発生設備は、原料ガス供給装置、オゾン発生装置、冷却装置、電源装置で構成されます。
・原料ガス供給装置
 原料ガス供給装置は、空気、酸素富化ガス、酸素などの原料ガスをオゾン発生に効率的な条件の下でオゾン発生装置に供給します。
・オゾン発生機
 オゾン発生機は原料ガスから無声放電によりオゾンを発生します。
・冷却装置
 冷却装置は、オゾン発生機各部の冷却を行うための冷却水を供給します。空冷ファンによる直接空冷方式クーリングタワーによる間接水冷方式等があります。
・ 電源装置
 電源装置は、電源電流をオゾン発生に適するように調整・調節します。一般には誘導型電圧調整器と変圧器により昇圧及び調波を行いますが、大容量設備には高調波インバータを併用し、発生量の調整を行います。

② オゾン反応設備
 オゾン反応設備は、散気装置と反応槽で構成され、効率的にオゾンと水中の除去対象物質を反応させます。

③排オゾン処理設備
 排オゾン処理設備は、未反応のまま反応設備より排出されるオゾン、すなわち排オゾン濃度を許容値以下にします。

総論

図1に実設備の一例を示します。
オゾン処理は、オゾンが有する強力な酸化力を利用して二次処理水中の有機物を分解する方法です。
今後、さらに放流先の水質基準強化に対し、高度処理の要求がますます増加すると予想される中で当社では、複合的な処理が可能な「オゾン処理設備」が様々な種類のある高度処理設備の中で、その有用性がクローズアップされていくものと考えます。
図1.オゾン処理設備システムフロー例

図1.オゾン処理設備システムフロー例

オゾン処理設備/放流水全量消毒、再生水利用に関するお問い合わせ

問合せ先
環境ソリューション事業部 官需推進部
田中一輝
TEL : 048-253-0907(直通)  FAX : 048-253-0056

Page Top