会員企業一覧

日立造船 株式会社

  • 処理装置
本社
〒559-8559
大阪市住之江区南港北1丁目7番89号
http://www.hitachizosen.co.jp/
TEL : 06-6569-0001
FAX : 06-6569-0002
東京本社
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館
http://www.hitachizosen.co.jp/
TEL : 03-6404-0800
FAX : 03-6404-0809
下水道担当部署(東京本社)
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号大森ベルポートD館
TEL : 03-6404-0823
FAX : 03-6404-0862

支社・支店・営業所等

大阪営業部
〒559-8559
大阪市住之江区南港北1丁目7番89号
TEL : 06-6569-0514
FAX : 06-6569-0011
東京営業部
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号大森ベルポートD館
TEL : 03-6404-0823
FAX : 03-6404-0862
北海道支社
〒060-0003
北海道札幌市中央区北3条西4-1-1 日本生命札幌ビル
TEL : 011-231-2215
FAX : 011-231-2419
東北支社
〒980-0021
仙台市青葉区中央1丁目6番35号 東京建物仙台ビル
TEL : 022-712-6066
FAX : 022-261-0475
中部支社
〒450-0003
名古屋市中村区名駅南1丁目24番30号 名古屋三井ビル
TEL : 052-581-0164
FAX : 052-582-6372
中国支社
〒730-0036
広島市中区袋町3番17号
TEL : 082-577-7660
FAX : 082-240-2085
九州支社
〒812-0011
福岡市博多博多駅前3丁目2番1号 日本生命博多駅前ビル
TEL : 092-441-2255
FAX : 092-441-1983

技術紹介

「技術ギャラリー」コーナーへリンクしています

名称/商品名 概要
全プラスチック製汚泥かき寄せ機/APチェーン 下水処理場の最初沈殿池、最終沈殿池には多くの処理場でチェーンフライト式汚泥かき寄せ機が使用されています。しかし、下水中という比較的厳しい腐食環境下で、長期間連続的に汚泥をかき寄せるという機能が必要とされるため、従来主流となっていた金属製の汚泥かき寄せ機では、腐食や摩耗による機械的寿命の短いことが悩みの種となっていました。特に金属製の場合には、各部品の重量が大きいため、設計時はもちろん部品交換の際にも作業時間を多く要していました。
 当社では、その主要部分に軽くて強いエンジニアリングプラスチックを使用した、APチェーンを開発しました。耐食・耐摩耗性に優れ、軽量で長寿命を実現したAPチェーンは、保守管理の省力化と、設備の省エネルギー化を図ることができます。
槽上駆動式撹拌機/高効率ドラフトチューブサーキュレータ ドラフトチューブサーキュレータ(DTC)は,特殊インペラとドラフトチューブを組合せた槽外駆動型撹拌装置で,高度処理対応の嫌気槽や無酸素槽での多数の使用実績があります。
この度、より低動力で反応タンクの撹拌を行うことができる『高効率DTC』が完成しました。
撹拌動力投入密度 1.0~3.0 w/m3 (当社比 約50%省エネ化)
機械式曝気・撹拌装置/ドラフトチューブエアレーター ドラフトチューブエアレーターは、エアレーションタンクやオキシデーションディッチなど多目的・多用途に使用される曝気装置です。撹拌と酸素供給を独立して制御できることから運転の多様化が図れるとともに、大きな省エネルギー効果を発揮します。また、維持管理が容易なことから着実に実績を伸ばしており、最近では、深層エアレーション法へも適用されています。
低圧力損失型超微細気泡散気装置/AD・メンブレン・ディフューザー 特殊メンブレンの使用により高い酸素移動効率を生み出す「AD・メンブレン・ディフューザー」は地球温暖化防止・C02排出削減・省エネを実現し、環境社会に貢献する新商品です。
3種類のディフューザー形態を取り揃え下水処理施設における散気設備の増設、改築、更新から既存設備を活かしたディフューザーのみの交換もできるなど様々な条件に対応できます。
高速繊維ろ過装置/まりも

繊維で培った技術を生かした高速繊維ろ過装置「まりも」は、繊維ろ材を充填したろ過装置です。

ろ材層の空隙率が大きいため、ろ過速度を大きくとることができるので、砂ろ過装置と比べて設置面積を小さくすることができます。

 

リン回収システム/フォスニックス(造粒脱リンシステム) システム概要

 造粒脱リンシステム「フォスニックス」は、排水中のリンを固形物リン酸マグネシウムアンモニウムの粒状体(MAP)として回収するまったく新しい技術です。高い除去率を誇る技術は、従来よりも低コスト。しかも回収したMAPは肥料などの有用物として利用できます。
潜水式スカム除去ノズル/スカムクラッシュノズル 汚水処理施設の比較的水流の穏やかな水路や水槽等で形成されるスカム層は、水質の悪化や悪臭の原因となります。
スカムクラッシュノズルは、操作性・維持管理性が容易で、場所を選ばず設置できる潜水型のスカム除去ノズルです。
陸閘(りっこう)ゲート/フラップゲート式防潮壁(neo RiSe)

フラップゲート式防潮壁(neo RiSe)は、津波高潮などによる浸水に伴い、設備自身の浮力により自動的に開口部を閉塞します。そのため、人による操作や設備を駆動するための動力を必要とせず、設備の故障リスクや保守管理負担を大幅に縮減します。

名称/商品名
全プラスチック製汚泥かき寄せ機/APチェーン
概要
下水処理場の最初沈殿池、最終沈殿池には多くの処理場でチェーンフライト式汚泥かき寄せ機が使用されています。しかし、下水中という比較的厳しい腐食環境下で、長期間連続的に汚泥をかき寄せるという機能が必要とされるため、従来主流となっていた金属製の汚泥かき寄せ機では、腐食や摩耗による機械的寿命の短いことが悩みの種となっていました。特に金属製の場合には、各部品の重量が大きいため、設計時はもちろん部品交換の際にも作業時間を多く要していました。
 当社では、その主要部分に軽くて強いエンジニアリングプラスチックを使用した、APチェーンを開発しました。耐食・耐摩耗性に優れ、軽量で長寿命を実現したAPチェーンは、保守管理の省力化と、設備の省エネルギー化を図ることができます。
名称/商品名
槽上駆動式撹拌機/高効率ドラフトチューブサーキュレータ
概要
ドラフトチューブサーキュレータ(DTC)は,特殊インペラとドラフトチューブを組合せた槽外駆動型撹拌装置で,高度処理対応の嫌気槽や無酸素槽での多数の使用実績があります。
この度、より低動力で反応タンクの撹拌を行うことができる『高効率DTC』が完成しました。
撹拌動力投入密度 1.0~3.0 w/m3 (当社比 約50%省エネ化)
名称/商品名
機械式曝気・撹拌装置/ドラフトチューブエアレーター
概要
ドラフトチューブエアレーターは、エアレーションタンクやオキシデーションディッチなど多目的・多用途に使用される曝気装置です。撹拌と酸素供給を独立して制御できることから運転の多様化が図れるとともに、大きな省エネルギー効果を発揮します。また、維持管理が容易なことから着実に実績を伸ばしており、最近では、深層エアレーション法へも適用されています。
名称/商品名
低圧力損失型超微細気泡散気装置/AD・メンブレン・ディフューザー
概要
特殊メンブレンの使用により高い酸素移動効率を生み出す「AD・メンブレン・ディフューザー」は地球温暖化防止・C02排出削減・省エネを実現し、環境社会に貢献する新商品です。
3種類のディフューザー形態を取り揃え下水処理施設における散気設備の増設、改築、更新から既存設備を活かしたディフューザーのみの交換もできるなど様々な条件に対応できます。
名称/商品名
高速繊維ろ過装置/まりも
概要

繊維で培った技術を生かした高速繊維ろ過装置「まりも」は、繊維ろ材を充填したろ過装置です。

ろ材層の空隙率が大きいため、ろ過速度を大きくとることができるので、砂ろ過装置と比べて設置面積を小さくすることができます。

 

名称/商品名
リン回収システム/フォスニックス(造粒脱リンシステム)
概要
システム概要

 造粒脱リンシステム「フォスニックス」は、排水中のリンを固形物リン酸マグネシウムアンモニウムの粒状体(MAP)として回収するまったく新しい技術です。高い除去率を誇る技術は、従来よりも低コスト。しかも回収したMAPは肥料などの有用物として利用できます。
名称/商品名
潜水式スカム除去ノズル/スカムクラッシュノズル
概要
汚水処理施設の比較的水流の穏やかな水路や水槽等で形成されるスカム層は、水質の悪化や悪臭の原因となります。
スカムクラッシュノズルは、操作性・維持管理性が容易で、場所を選ばず設置できる潜水型のスカム除去ノズルです。
名称/商品名
陸閘(りっこう)ゲート/フラップゲート式防潮壁(neo RiSe)
概要

フラップゲート式防潮壁(neo RiSe)は、津波高潮などによる浸水に伴い、設備自身の浮力により自動的に開口部を閉塞します。そのため、人による操作や設備を駆動するための動力を必要とせず、設備の故障リスクや保守管理負担を大幅に縮減します。

一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ