会員企業一覧

株式会社 電業社機械製作所

  • 風水力
本社
〒143-8558
東京都大田区大森北1丁目5番1号 (大森駅東口ビルディング)
http://www.dmw.co.jp
TEL : 03-3298-5115
FAX : 03-3298-5149
下水道担当部署
社会システム営業部 社会システム営業課
TEL : 03-3298-5111
FAX : 03-3298-5146

支社・支店・営業所等

北海道支店
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西10丁目4番地
TEL : 011-271-5144
FAX : 011-221-5530
東北支店
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目5番22号
TEL : 022-290-7754
FAX : 022-290-7762
関東支店
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町二丁目96番1号
TEL : 048-658-2531
FAX : 048-658-2533
横浜営業所
〒240-0065
神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1丁目18番7
TEL : 045-442-6359
FAX : 045-442-6369
静岡支店
〒411-0843
静岡県三島市三好町3番27号
TEL : 055-975-8417
FAX : 055-975-8451
名古屋支店
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2丁目4番18号
TEL : 052-231-6211
FAX : 052-201-6920
大阪支店
〒541-0054
大阪府大阪市中央区南本町2丁目6番12号
TEL : 06-6251-2561
FAX : 06-6251-2846
中国支店
〒730-0021
広島県広島市中区胡町4番21号
TEL : 082-242-5456
FAX : 082-545-8581
四国支店
〒760-0024
香川県高松市兵庫町8番地1号
TEL : 087-851-8953
FAX : 087-822-7603
九州支店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目10番35号
TEL : 092-409-3173
FAX : 092-409-3183
沖縄営業所
〒902-0066
沖縄県那覇市字大道55-7番地
TEL : 098-887-6687
FAX : 098-887-6688

技術紹介

「技術ギャラリー」コーナーへリンクしています

名称/商品名 概要
歯車減速機搭載型 立軸一床式ポンプ/<ラムダ21> 国土の保全と国民の生命・財産を水害から守る河川排水ポンプは、その使命を十分に果たすため、常に高い信頼性と確実な運転が要求される。そのため、揚・排水機場においては、セラミックス軸受、管内クーラおよびガスタービンなどの採用によって、系統機器設備の大幅な簡素化とシステム全体の信頼性向上が図られてきた。
 さらに、近年の時代背景から、高い信頼性に加えて「建設コスト縮減」が大きな課題となっており、揚・排水機場のコンパクト化と省スペース化が積極的に検討されている。
 当社では、これらの課題をさらに追求すべく、ポンプの吐出し曲管と歯車ケースを一体化することにより横軸ポンプと同等の軸心高に原動機が設置できる新世代型の立軸ポンプ<ラムダ21>を開発し、既に69機場(合計118台)の実績を有している。
ミストセパレータシステム/MSS-α

 高速回転するブロワの軸受箱や増速機内には、オイルミスト(油煙)が発生し、エアブリーザや軸貫通部より大気中に放出されます。このオイルミストにより周辺機器や電気接点の汚損、床面への飛散による歩行の安全性への悪影響が問題となっていました。

 オイルミストセパレータシステム(MSS-α)は、これらの諸問題を解決するために、放出前のオイルミストを吸引する。また電源や操作盤などの電気設備を全く必要としない製品です。

エア・アシスト型省エネ逆止弁/AAチェッキ  曝気用ブロワの逆止弁は、ブロワ定格運転時でも弁体は自重により全開になることはありませんでした。これにより、逆止弁内の流路が狭くなり圧力損失が増え、更に弁体のバタツキも生じていました。
 エア・アシスト型省エネ逆止弁(AAチェッキ)は、これらの性能・メンテナンス・故障面など大きく改善された商品です。
新型ばっ気用多段ターボブロワ/AM-Turbo

①従来の多段ターボブロワに比べ高効率

②補機類(潤滑及び冷却系統)を簡素化

③設置場所の自由度向上

④メンテナンスコストを低減

⑤省スペース

名称/商品名
歯車減速機搭載型 立軸一床式ポンプ/<ラムダ21>
概要
国土の保全と国民の生命・財産を水害から守る河川排水ポンプは、その使命を十分に果たすため、常に高い信頼性と確実な運転が要求される。そのため、揚・排水機場においては、セラミックス軸受、管内クーラおよびガスタービンなどの採用によって、系統機器設備の大幅な簡素化とシステム全体の信頼性向上が図られてきた。
 さらに、近年の時代背景から、高い信頼性に加えて「建設コスト縮減」が大きな課題となっており、揚・排水機場のコンパクト化と省スペース化が積極的に検討されている。
 当社では、これらの課題をさらに追求すべく、ポンプの吐出し曲管と歯車ケースを一体化することにより横軸ポンプと同等の軸心高に原動機が設置できる新世代型の立軸ポンプ<ラムダ21>を開発し、既に69機場(合計118台)の実績を有している。
名称/商品名
ミストセパレータシステム/MSS-α
概要

 高速回転するブロワの軸受箱や増速機内には、オイルミスト(油煙)が発生し、エアブリーザや軸貫通部より大気中に放出されます。このオイルミストにより周辺機器や電気接点の汚損、床面への飛散による歩行の安全性への悪影響が問題となっていました。

 オイルミストセパレータシステム(MSS-α)は、これらの諸問題を解決するために、放出前のオイルミストを吸引する。また電源や操作盤などの電気設備を全く必要としない製品です。

名称/商品名
エア・アシスト型省エネ逆止弁/AAチェッキ
概要
 曝気用ブロワの逆止弁は、ブロワ定格運転時でも弁体は自重により全開になることはありませんでした。これにより、逆止弁内の流路が狭くなり圧力損失が増え、更に弁体のバタツキも生じていました。
 エア・アシスト型省エネ逆止弁(AAチェッキ)は、これらの性能・メンテナンス・故障面など大きく改善された商品です。
名称/商品名
新型ばっ気用多段ターボブロワ/AM-Turbo
概要

①従来の多段ターボブロワに比べ高効率

②補機類(潤滑及び冷却系統)を簡素化

③設置場所の自由度向上

④メンテナンスコストを低減

⑤省スペース

一般社団法人 日本下水道施設業協会
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館2階
TEL:03-3552-0991

協会へのアクセス

ページの先頭へ