一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

上向流式高速繊維ろ過機/IFW型

分類 水処理設備 > 高度処理 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 再生水利用 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > その他 [この分類の技術一覧]
名称 上向流式高速繊維ろ過機
商品 IFW型
会社名 株式会社 石垣[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境機械事業部 管理部
TEL : 03-6848-7821(直通)   FAX : 03-6848-7902

概要

水資源の有効利用がさけばれている折から、下水、し尿、生活排水、一般産業排水などの再利用は、現代社会の重要なテーマであり、清流復活事業などの計画も各地で活発に進められ高度な処理技術が求められています。現代のニーズに応えて、浮上ろ材ろ過機「スーパー湧清水」を生んだイシガキが、新繊維ろ材を使用した全自動上向流式高速ろ過機FWを開発しました。FWは、高速処理ができるだけでなく、種々の特徴を有しており、今までのろ過機では得られなかったメリットをお客様にお届けすることができるものと確信しています。

特徴

1.省スペース
  高速ろ過(ろ過速度1000~3000m/日)により設備スペースをとりません。
2.低い圧力損失
  空隙率の高い新開発繊維ろ材は圧力損失が少なく、低揚程ポンプを使用できます。
3.コンパクト設計
  制御盤、ろ材洗浄機構を内蔵したコンパクト設計です。
4.水流撹拌
  水流撹拌方式により確実なろ材洗浄が可能になりました。長期に渡り安定したろ過能力を発揮します。
5.省エネルギー
  水流撹拌方式は従来のろ材洗浄に要する水量を大幅に減少させました。(従来比1/3当社比)また、空隙率の高い新開発繊維ろ材は圧力損失が小さいため低揚程ポンプが使用でき、省エネです。
6.維持管理が容易
  簡単な構造で全自動方式を採用していますので、維持管理が容易です。

適用

●下水道設備における二次処理水の高度処理により処理水の再利用を図る。
●合流式下水道の改善の一つとして、処理場への流入水や簡易処理水をろ過処理し、放流先の濁汚負荷の低減を計ります。
●下水再生水中の不快害虫のろ過除去を効率的に行います。
●河川水の取水ろ過・上水道の前処理・簡易水道の前処理・緩速ろ過池の前処理として用い、土砂等による、ろ過池のろ材の早期閉塞を防ぎ、安定な水供給を行います。
●その他の用途
 工業用水の高度処理、雨水の処理、海水の取水ろ過、小規模河川の浄化、プールろ過、大型修景等々。

実績

1997年に1号機を納入し、下水、浄水、民間工場における各種の用途に多数の実績を持つ。

原理と構造

浮上性の特殊加工された繊維ろ材を使用することにより、固形物捕捉量の向上、低い圧力損失による省エネルギー性をはかりました。
洗浄方式はろ材、撹拌洗浄方式を採用しているため、確実で効率の良いろ材洗浄ができ、ろ材が固着する(マッドホール)ことはありません。ろ材洗浄水量はろ過処理水量に対して0.2~0.8%と少ないため、排水処理設備への負荷が大幅に軽減できます。

特徴

1.処理能力が高く、設置面積が小さい。
 繊維ろ材を使用しており、高速ろ過処理ができます。(ろ過速度は、砂ろ過機の3~12倍が可能で、ろ過機は極端に小さくできます。)高速繊維ろ材ろ過機FWは、本体槽が小さいだけでなく、ろ材洗浄に要する補機がないため、機器設置面積は、非常に狭くなります。(砂ろ過機の1/4~1/7です。)

2.効率的なろ過
 高性能SS除去性能を有しており、10倍のろ過面積を持つ砂ろ過機と比べても、遜色ない処理水を得ることができます。凝集ろ過もできるため、一層高度な処理もできます。
 また単層ろ床方式を採用しているため、支持用のろ材と混合脱落することもなく長期に渡って安定した浄化ができます。

3.ろ材洗浄の効率UP
 ろ過継続時間が長く、ろ材洗浄時間が短いため、原水槽の容量が小さくなります。
 ろ材洗浄水は原水を使用するため、砂ろ過機のようにろ材洗浄のためにろ過処理水を必要としません。このため、ろ材洗浄水を貯留するために、大容量の処理水槽およびろ材洗浄排水貯留槽を用意する必要がありません。

4.設備費の削減
 処理水量あたりの設備費は、「機器が小さいこと」、「補機がないこと」、「原水層が小さいこと」、「ろ材洗浄水貯留槽、およびろ材洗浄排水貯留槽が不要であること」から大幅に削減できます。

5.維持費の削減
 ろ材の空隙率が大きいため、またろ材支持床がないため装置の圧力損失が小さくなり、1ランク小さなポンプを使用できることもあり、電力量が少なくて済みます。

6.維持管理が容易
 全自動タイプであり、構造が簡単なため、維持管理が簡単です。
図1.高速繊維ろ材ろ過機FW(右)、砂ろ過装置(左)

図1.高速繊維ろ材ろ過機FW(右)、砂ろ過装置(左)

図2.特殊繊維ろ材

図2.特殊繊維ろ材

上向流式高速繊維ろ過機/IFW型に関するお問い合わせ

問合せ先
環境機械事業部 管理部
TEL : 03-6848-7821(直通)   FAX : 03-6848-7902

Page Top