一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

オキシデーションディッチ/シグマディッチ

分類 水処理設備 > 反応タンク [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 生物処理 / 浮遊生物法 [この分類の技術一覧]
名称 オキシデーションディッチ
商品 シグマディッチ
会社名 株式会社 神鋼環境ソリューション[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 第一営業本部 水処理第一営業部
TEL : 03-5739-6531(直通)  FAX : 03-5739-6963

概要

円形あるいは長円形の無終端水路を反応タンクとするオキシデーションディッチ法では、水路全体に所定の流速を与えて、下水と活性汚泥の混合液を循環させながら、下水処理に必要な酸素を供給するほか、水路内の活性汚泥と流入下水を混合攪拌して、活性汚泥が沈降しないようにする必要があります。
本装置では、これらの機能を最も効率よく行わせるために縦型機械式エアレーション装置 「シグマウェーブエアレーター」を採用しています。

適用

下水処理(小規模プラント)

特徴

①高い酸素供給能力(2.2kgO2/kwh以上)を持つ省エネルギー型の縦型機械式エアレーション装置「シグマウェーブエアレーター」を採用しています。

②縦軸エアレーターに円筒状のドラフトチューブを付けることで、強力なポンプ揚水力を発揮して、反応槽全体に十分な攪拌流速を与えることができます。

③反応のBOD負荷を低く(0.3~0.05kgBOD/kgSS・日)して運転するので、固形物滞留時間(SRT)が長くなり、BOD除去に加えて硝化反応も進行するので、反応槽内に無酸素状態を設けて窒素除去も可能になります。

④余剰汚泥の発生量は標準活性汚泥法に比べて少なくなります。また、長時間反応で好気生分解が進むため、標準活性汚泥法に比べて安定しています。

⑤縦型機械式エアレーション装置「シグマウェーブエアレーター」の強力な攪拌力により反応槽の水深を深くすることが出来ます。これは敷地面積を制限されるときに有利です。

⑥エアレーターの羽根形状はシンプルな腕状ですから、攪拌により下水中のごみ・夾雑物がからみつくことはありません。
図1.シグマウェーブエアレーター

図1.シグマウェーブエアレーター

図2.ばっ気部水流パターン

図2.ばっ気部水流パターン

オキシデーションディッチ/シグマディッチに関するお問い合わせ

問合せ先
第一営業本部 水処理第一営業部
TEL : 03-5739-6531(直通)  FAX : 03-5739-6963

Page Top