一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

担体投入活性汚泥法/LINPOR PROCESS

分類 水処理設備 > 生物処理 / 浮遊生物法 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 生物処理 / 生物膜法 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 高度処理 [この分類の技術一覧]
名称 担体投入活性汚泥法
商品 LINPOR PROCESS
会社名 株式会社 西原環境[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 技術本部
TEL : 03-3455-4441  FAX : 03-3455-4465

概要

現在、下水道事業においても、コスト削減が叫ばれています。しかしながら、今後も、処理水量の増加や高度処理の推進など、施設能力の強化は重要であり、これには、莫大な建設コストを必要とします。
担体投入活性汚泥法(リンポープロセス)は、これらの問題を解決する新たな水処理方式であり、大幅なコスト削減を可能にします。

特徴

①硝化・脱窒能力に優れている。
②最終沈殿池の水面積が小さい。
③耐摩耗性に優れるリンポーキューブ。
④担体流出防止スクリーンの閉塞がない。
⑤汚泥を固定化する必要がない。
⑥維持管理が容易。

適用

リンポーC  :
 既存の処理施設の拡張を行わずに処理水量(負荷)の増加を可能にします。(水量では、50%アップが可能)

リンポーC・N:
 既存の処理施設のタンク容量でBOD、SSのみならず、窒素の除去を可能にします。

リンポーN・P:
 既存の処理施設のタンク容量でBOD、SSのみならず、窒素・リンの同時除去を可能にします。

実績

平成4年より:開発実験を数カ所で実施
平成7年  :沖縄県宜野湾浄化センターに納入
平成11年  :沖縄県宜野湾浄化センターに納入
平成12年  :関市浄化センターに納入
平成14年  :高山市宮川終末処理場に納入
平成16年  :関市浄化センターに納入(リンポーCからリンポーN・Pに改造)
平成17年  :佐賀市下水浄化センターに納入
平成17年  :高山市宮川終末処理場に納入

特徴

●硝化・脱窒能力に優れている。
 硝化・脱窒両用担体のため、好気タンク、無酸素タンクのコンパクト化が図れます。
●最終沈殿池の水面積が小さい。
 最終沈殿池の水面積負荷は、標準法と同じ負荷で十分です。
●耐摩耗性に優れるリンポーキューブ。
 10年以上の連続使用実績があるリンポーキューブは、特に耐摩耗性に優れています。
●担体流出防止スクリーンの閉塞がない。
 担体(約10mm角)が大きいため、流出防止スクリーンの開口径は8mmと大きく、閉塞することがありません。よって、反応タンク流入部スクリーンの設置は必要ありません。
●汚泥を固定化する必要がない。
 リンポーキューブは、結合固定化担体であるため、反応タンク内で流動しながら、自然に内部に活性汚泥を保持していくので、汚泥を固定化する必要がありません。
●維持管理が容易。
 とてもシンプルなプロセスであり、担体流出防止スクリーンの閉塞もなく、また、汚泥の沈降性も安定しているため、維持管理が容易です。

3つのタイプ

●リンポ-C
 既存の処理施設の拡張を行わずに、処理水量(負荷)の増加を可能にします。
●リンポ-C・N
 標準活性汚泥法で設計されている既存の処理施設のタンク容量で、BOD、SSのみならず窒素の除去を可能にします。
●リンポ-N・P
 標準活性汚泥法で設計されている既存の処理施設のタンク容量で、BOD、SSのみならず窒素・リンの除去を可能にします。

https://www.nishihara.co.jp/service.html
図1.リンポーキューブ

図1.リンポーキューブ

図2.リンポープロセスのフローシート

図2.リンポープロセスのフローシート

リンポ-プロセスは、活性汚泥(BOD酸化菌、硝化菌、脱窒菌)を保持する担体『リンポーキューブ』を反応タンクに投入し運転する担体投入活性汚泥法です。
活性汚泥を高濃度に保持したリンポーキューブは反応タンク内のみで滞留するので、最終沈殿池の負荷を高めることなく、反応タンク内MLSSのみを高濃度に保持することができます。よって、反応タンクや最終沈殿池の増設を行うことなく、わずかな改造を行うだけで、処理水量の増加や窒素・リンの除去が可能になります。また、新設の処理施設においても、省スペース化が可能です。
図1.リンポープロセスの概念図

図1.リンポープロセスの概念図

担体投入活性汚泥法/LINPOR PROCESSに関するお問い合わせ

問合せ先
技術本部
TEL : 03-3455-4441  FAX : 03-3455-4465

Page Top