一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

監視制御・情報伝送/小規模広域監視システム

分類 電機設備 > 監視制御・情報伝達 [この分類の技術一覧]
名称 監視制御・情報伝送
商品 小規模広域監視システム
会社名 日新電機 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境システム事業部 ソリューション技術部
TEL : 03-5821-5915(直通)  FAX : 03-5821-5876

概要

広域に点在する中継ポンプ場、マンホールポンプ、下水処理場をパーソナルコンピューターのWEBブラウザを利用して監視するシステムで、利用場所や時間、プラント規模にとらわれず管理することが出来ます。
最近のIT技術の進展は、インターネット接続サービスに代表されるネットワークの社会インフラとしての整備、パーソナルコンピューターの低価格化と社会への浸透、携帯電話の普及をもたらしました。
本システムはこれらネットワーク技術を応用し、複雑になりがちな広域監視をシンプルかつ運用形態に合わせた最適なシステムとして構築できます。

特徴

1.自由度の高い監視を実現
 これまで中央監視室で行ってきた監視を、事務所や自宅、電気室等の施設内など場所にとらわれず、いつでも行うことが出来ます。必要な監視端末はパーソナルコンピューターとWEBブラウザのみです。
 故障発生時には、携帯電話への通報が可能です。

2.高い信頼性
 施設の運用データを現場側複合コントローラに保管するシステムのため、通信障害によるデータ欠損がありません。施設運用データは監視側に取り込み、編集、保管することも可能です。

3.優れた拡張性
 既設施設にも監視端末装置の改造なく対応できます。

適用

広域にわたる下水道施設の監視に適用できます。
・小規模下水処理場
・中継ポンプ場
・マンホールポンプ
など。

実績

’02年度より出荷開始しました。

1.システム構成

下水処理場、ポンプ場、農集排施設などに複合コントローラーを導入することにより、現場設備及び機器のコントローラーとしてのみならず、広域監視システムの機能を受け持ちます。
これらコントローラーは、一般公衆回線や専用回線などを通じ、中核処理場からや外出先のパーソナルコンピュータと接続できます。

2.動作

各現場に配置された複合コントローラーは、現場機器の維持管理データの収集を行うと同時にWWW(ワールドワイドウェブ)サーバーとして動作します。
このサーバーにアクセスすることにより、WEBブラウザ(WEBページを表示することが出来るアプリケーションソフト)上でグラフィック監視ができます。また、維持管理データはサーバーに随時蓄積され、必要に応じてダウンロードすることができます。
WEBブラウザの機能を搭載したパーソナルコンピュータやPDA(個人用情報携帯端末)、などが全てシステム監視端末として活用可能です。

3.導入効果

①いつでもどこでも監視可能-維持管理の負担低減
 従来の遠制装置にみられる専用の監視端末を必要としません。WEBブラウザ機能を搭載したパーソナルコンピュータ、PDAなどあれば、自宅や外出先からでもグラフィック画面による監視が可能です。また、故障発生に際し携帯電話による文字通報も可能です。
 これらの機能を組み合わせて、施設異常発生の際どこからでも十分な情報を得て、迅速な対応が可能です。

②障害に強い監視システム
 各現場に配置された複合コントローラーは独立しており、それぞれがサーバーとして動作します。WWWサーバー1台に集約する監視システムでは、サーバーに障害が発生した場合に、全現場の監視および維持管理情報収集が不可になります。本システムではサーバーが現場単位で分散していますので、その他の現場監視に影響が及びません。
 また、維持管理データは現場側複合コントローラーで保管しますので、通信障害に起因するデータ欠損は発生しません。
図1.広域監視システム構成図

図1.広域監視システム構成図

監視制御・情報伝送/小規模広域監視システムに関するお問い合わせ

問合せ先
環境システム事業部 ソリューション技術部
TEL : 03-5821-5915(直通)  FAX : 03-5821-5876

Page Top