一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

オゾン高度処理システム/三菱高濃度オゾン発生装置

分類 水処理設備 > 消毒 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 脱臭 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 高度処理 [この分類の技術一覧]
名称 オゾン高度処理システム
商品 三菱高濃度オゾン発生装置
会社名 三菱電機 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 本社社会環境事業部
TEL : 03-3218-4254(直通)  FAX : 03-3218-2893

概要

細管電極と短ギャップ放電の採用により、従来よりもコンパクト化、240g/Nm³以上の高濃度・高効率化、高信頼性を実現したオゾン発生装置です。下水におけるオゾン処理の効果は、塩素や紫外線のような消毒効果だけにとどまらず、脱色や脱臭など複合的な効果が得られるのが特徴です。また、オゾンは、塩素のように残留性がないため、放流先の環境にやさしい処理法です。

特徴

(1)脱色:着色の原因となる分子の不飽和結合をオゾンの強力な酸化力で分解し容易に脱色します。
(2)脱臭:脱色と同様に、臭気成分の不飽和結合を分解し容易に脱臭します。
(3)殺菌・消毒:強力な酸化力により細菌の細胞膜を破壊し死滅させます。オゾンは、従来の塩素に比べ強力かつ速効性があります。
(4)COD低減:5mg/L程度の低減が可能です。
(5)クリプトスポリジウムの消毒:実用的な消毒剤として唯一オゾンが有望とされています。海外ではクリプトスポリジウム除去を目的とした実規模プラントが建設され、既に稼動している例もあります。
(6)環境ホルモン性物質の分解:問題になっている環境ホルモンのうち、ビスフェノールA、オクチルフェノール等はその分子構造から比較的分解しやすい物質と考えられます。下水処理場で最も問題となるノニルフェノールについては消毒レベルのオゾン注入量で分解できる事を確認しています。
(7)その他:陰イオン界面活性剤の分解、変異原性物質の低減、水配管内の生物付着防止効果等があります。

適用

(1)水処理
①消毒:塩素の代替消毒としてオゾンを導入することができます。塩素よりも殺菌力が強く、また、残留性がないため放流先の環境にやさしいのが特徴です。
②放流水質改善:染色排水の脱色や、放流先に水質規制(CODや色度)や近隣に海岸・漁場がある場合にオゾン処理を実施し放流水質を改善できます。
③再利用:放流水の一部を近隣のビル・公共施設や処理場内での中水道・雑用水や親水・修景用水してオゾン処理を導入。水資源の有効利用が図れます。
(2)脱臭
水処理系、汚泥処理系から発生する臭気を、オゾン+触媒方式で脱臭します。近隣の住民や環境対策および場内作業員の作業環境改善のために導入します。

実績

本システムは2004年9月より稼動しており、現在順調に稼動しています。

オゾンとは

オゾンは、塩素に勝る強力な殺菌力・酸化力を持っています。また、脱臭・脱色効果にもすぐれています。処理後は分解されて酸素に戻るため、環境を汚染しません。自然に優しい酸化剤として、水環境や地球環境保全に注目されています。
オゾンの生成方法には、紫外線による方法、水の電気分解による方法など様々ありますが、高効率で経済的な無声放電方法が一般的です。誘電体を介した電極間に交流電圧を印加すると、無声放電が生じます。この放電空間に酸素または空気を通し、エネルギーを与えると、酸素(O₂)が解離してオゾン(O₃化します。

三菱高濃度オゾン発生装置の特長

三菱電機は、オゾン発生装置と水処理技術の開発に着手して約50年に及び、国内では最も長い歴史を持っています。大規模設備から中・小規模設備まで様々なオゾン高度処理設備を受注・完成し、国内トップシェアのリーディングメーカーとして技術の発展に寄与して参りました。三菱オゾン発生装置は下水分野のみならず、各地の中水道、親水・修景用水にも利用されています。

①消費電力の低減
放電間隙の高精度化と短ギャップ化によりガスの冷却能力が改善され、240g/Nm³以上の高濃度オゾンを効率良く発生することが可能になりました。原料ガス量節減により、全体システムのコスト(イニシャル・ランニング)削減ができます。
②コンパクト化
新型電極管の適用によりオゾン発生器のコンパクト化、高圧インバータの適用により電源装置のコンパクト化を実現しました。
③無開放点検
簡易メンテナンスを設計の基本にしています。大型機では、10年間の無開放点検の実績があります。
④あらゆるニーズに対応
小型から超大型まであらゆるニーズに対応可能なフルラインアップです。
⑤オゾンシステムエンジニアリング
最適オゾンシステムを実現するプロセス計画、監視制御システム構築など、オゾンに関するあらゆるエンジニアリングが可能です。
⑥充実したメンテナンス体制
全国を東日本地区、中部地区、関西地区、九州地区の4ブロックに分け、各ブロックにオゾン専任のサービス部門を設置しており、迅速な対応が可能です。

本装置で使用している高効率・高濃度オゾン発生技術は、平成18年度 全国発明表彰「21世紀発明賞」を受賞しました。放電ギャップ長を短くすることにより、 従来の2倍以上もの高い濃度のオゾンを高効率に発生させることを可能にしました。
本技術により、環境にやさしいオゾンが更に利用しやすくなり、“環境の世紀”といわれる21世紀の循環社会への貢献が期待されています。
図1.オゾン発生装置

図1.オゾン発生装置

図2.オゾンブルー(高濃度オゾン)

図2.オゾンブルー(高濃度オゾン)

オゾン高度処理システム/三菱高濃度オゾン発生装置に関するお問い合わせ

問合せ先
本社社会環境事業部
TEL : 03-3218-4254(直通)  FAX : 03-3218-2893

オゾン高度処理システム/三菱高濃度オゾン発生装置に関するお問い合わせ

三菱電機 株式会社様が運営するWebサイトに遷移します。

本社社会環境事業部
TEL : 03-3218-4254(直通)  FAX : 03-3218-2893

Page Top