一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

二重胴回転ドラム式沈砂・しさ洗浄機/二重胴回転ドラム式洗浄機

分類 水処理設備 > 沈砂池 [この分類の技術一覧]
名称 二重胴回転ドラム式沈砂・しさ洗浄機
商品 二重胴回転ドラム式洗浄機
会社名 アクアインテック 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 東京営業所
TEL : 03-3256-8321(直通)  FAX : 03-3256-8322

概要

現在、下水道終末処理場、中継ポンプ場等より発生する沈砂、しさは、作業環境の改善、埋立処分地周辺の環境保全等の見地から洗浄処理を行い、悪臭や汚染の原因となる汚れを除去してから、処分されてきています。従来、この洗浄機は、沈砂では簡易的なフライトコンベヤ式や機械撹拌式、しさでは機械撹拌式洗浄機が一般的に使用されてきました。しかしフライトコンベヤ式では洗浄効果が必ずしも十分でなく、機械撹拌式では大きな洗浄槽や多量の洗浄水、複数の駆動機を必要としました。このため、比較的小規模な下水道終末処理場や中継ポンプ場等の限られたスペースでの設置には問題がありました。ここに紹介する「二重胴回転ドラム式沈砂・しさ洗浄機」は比較的小規模な下水道終末処理場、中継ポンプ場等でも設置ができるよう、同一機で沈砂・しさの洗浄を可能とすることを目的に開発されたものです。

特徴

本機は回転ドラム体(外胴、内胴、分離スクリーン、水切りスクリーン)と投入+沈砂排出シュート部、排水+しさ排出シュート部から構成され、沈砂、しさを洗浄処理し、沈砂・しさ・汚水に分離排出するものです。投入された沈砂、しさは回転する内胴で一次洗浄され、分離スクリーン部分で分離されます。分離後の沈砂は、外胴内壁面のスパイラル状洗砂スクリュにて二次洗浄および搬送され、洗砂排出羽根により排出されます。分離後のしさは、洗浄水に伴ない水切りスクリーンへ送られます。ここで二次洗浄水にて洗浄され、水切り後排出されます。
1)内胴内面に短絡防止用のせき板を設け、特にしさの短絡による洗浄不良を防ぎます。
2)沈砂、しさの分離は分離スクリーン部分で篩分け、比重差、水流により行い、高い分離性能を得ています。
3)沈砂が二重胴内を往復移動する等により、機器がコンパクトになっています。
4)電動機はドラム駆動用の1台です。

適用

1)搬出機(ベルトコンベヤ等)より投入された沈砂、しさを洗浄する他に、揚砂ポンプの揚砂水の沈砂分離機としても使用可能です。
2)沈砂、しさ両用機=AGSW型、沈砂専用機=AGW型
 揚砂ポンプ対応機=BGSW型、BGW型
 沈砂処理量=0.25~7m³/h、しさ処理量=0.125~3.5m³/h
3)従来機との比較
〇機械撹拌式洗浄機と比較して設置面積は約40~60%となります。
〇機械撹拌式洗浄機が電動機3~4台を必要とするのに対し、本機は1台となる等、運転操作が単純で点検給油箇所、消耗部品が少なく、維持管理が容易です。
〇機械撹拌式洗浄機と比べて動力、洗浄水量が少なく、維持管理が廉価です。

実績

平成19年度までに39台の納入実績
日本下水道事業団 民間開発技術審査証明書 第501号の交付を受けました。

二重胴回転ドラム式沈砂・しさ洗浄機/二重胴回転ドラム式洗浄機に関するお問い合わせ

問合せ先
東京営業所
TEL : 03-3256-8321(直通)  FAX : 03-3256-8322

二重胴回転ドラム式沈砂・しさ洗浄機/二重胴回転ドラム式洗浄機に関するお問い合わせ

アクアインテック 株式会社様が運営するWebサイトに遷移します。

東京営業所
TEL : 03-3256-8321(直通)  FAX : 03-3256-8322

Page Top