一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

直胴型遠心脱水機/S-CM型(低動力・機内二液調質対応型)

分類 汚泥処理設備 > 濃縮・脱水 [この分類の技術一覧]
名称 直胴型遠心脱水機
商品 S-CM型(低動力・機内二液調質対応型)
会社名 株式会社 クボタ[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境プラント営業部
TEL : 03-3245-3337  FAX : 03-3245-3358

概要

下水道の普及にともなって汚泥量が着実に増加しており、汚泥の処理処分は大都市はもとより中小市町村においても頭の痛い問題です。汚泥減量のための重要なプロセスである脱水工程において、従来より、処理性能・設置スペース・メンテナンス性に定評のあった直胴型遠心脱水機が今回リニューアルしました。
ボウル・スクリュー形状の見直し、駆動装置の効率化を行い、さらなる脱水性能向上と低動力化を実現しました。従来の直胴型遠心脱水機の特長を生かしつつ、機内二液調質型にも対応可能です。

特徴

(1)ケーキ含水率を大幅に低減
 ボウル形状を直胴型にすると共に、ケーキ搬出部を独自の隙間構造とすることにより、従来のデカンタ型遠心脱水機よりも更にケーキ含水率を低下させることができます。また、テーパーシャフトスクリューの採用により、排出部へのケーキ圧密力・排出力がさらに増大します。
(2)低動力化
 ボウル・スクリュー形状の見直し、駆動装置の効率化により、動力を大幅に低下しました。
(3)安定した運転性能
 差速装置には、脱水ケーキの搬送トルクを油圧で検知して差速を自動制御する油圧モータ方式を採用。ケーキ含水率が一定となるように、油圧モータにより差速をコントロール。長時間の連続運転にも、低含水率・高SS回収率の安定した運転性能が確保できます。
(4)機内二液調質型への対応も可能
 高分子凝集剤を添加した後、脱水機内の濃度を高めた汚泥にポリ鉄を添加する「機内二液調質法」により、大幅な低含水率化が可能です。ケーキ処分費の低減、温室効果ガス発生量の削減、脱水ケーキの燃料的価値の向上、返流水りん濃度の低減等の効果が見込めます。
(5)優れた耐摩耗性・耐久性
 スクリュー刃先には超硬合金を採用。各部材質は、耐食性・強度等を十分に考慮して選定した材質で、装置としての耐久性に優れています。

適用

小容量から大容量まで(5~50m3/h)、幅広く機種をとりそろえておりますので、オキシデーションディッチ法等の小規模処理場から大規模な流域下水処理場まで適応できます。

実績

87台(2021年7月現在 製作中を含む)

構造

①ボウル形状を円筒とすることにより、機内に貯め込むケーキ量を増大させ、排出部のケーキ圧密、排出力を大きくするとともに、汚泥滞留時間の増大をはかりました。
②脱水ケーキの排出部を隙間構造とすることにより、排出部でのケーキ圧密力を高めるとともに、含水率が最も低い(遠心効果が高い)ボウル壁面の脱水ケーキだけを排出すつ構造としました。
③テーパーシャフトスクリューの採用により、排出部へのケーキ圧密力・排出力をさらに増大させました。
図1 機内二液調質法

図1 機内二液調質法

処理のしくみ

①原汚泥の高分子凝集剤は、高速で回転するボウル内に連続投入されます。
②ボウル内で汚泥粒子は凝集フロックを形成し、遠心力によって固液分離され、ケーキとなってボウル内周に堆積します。
③堆積したケーキは、ボウルとわずかな差速(約1~5rpm)をもつスクリューコンベヤによってケーキ排出部へと搬送されます。
④ケーキ排出部へ移動したケーキは、独自の隙間構造により、ケーキ圧密力を高く保ち、ボウル壁面にある含水率の低いケーキのみを排出します。
⑤固液分離された汚泥中の水分は、分離液としてケーキ排出口と反対側の分離液排出口から排出されます。
図2 S-CM型遠心脱水機構造図

図2 S-CM型遠心脱水機構造図

直胴型遠心脱水機/S-CM型(低動力・機内二液調質対応型)に関するお問い合わせ

問合せ先
環境プラント営業部
TEL : 03-3245-3337  FAX : 03-3245-3358

直胴型遠心脱水機/S-CM型(低動力・機内二液調質対応型)に関するお問い合わせ

株式会社 クボタ様が運営するWebサイトに遷移します。

環境プラント営業部
TEL : 03-3245-3337  FAX : 03-3245-3358

Page Top