一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

上向流移床式砂ろ過/ユニフロサンドフィルタ

分類 水処理設備 > 物理化学処理 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 高度処理 [この分類の技術一覧]
水処理設備 > 再生水利用 [この分類の技術一覧]
名称 上向流移床式砂ろ過
商品 ユニフロサンドフィルタ
会社名 株式会社 タクマ[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境本部水処理営業部2課
TEL : 06-6483-2683(直通)  FAX : 06-6483-2757

概要

連続ろ過・連続逆洗が可能な適用範囲の広いろ過装置です。原水はろ過層を上向流で流れることにより浮遊物質が除去され、清澄なろ過水として流出します。ま たろ過により汚れたろ材はエアリフト管の底部から吸引され、上昇しながら空気と水で混合洗浄された後、サンドウォッシャーでろ過水と対向流で洗浄され、再 びろ床面に戻ります。これらろ過、逆洗行程が同時に並行して行われるため、ろ層は常に清澄に保たれ、安定した処理が可能です。
単器形式のパッケージタイプ(小規模施設)、ろ過池形式のマルチモジュールタイプ(中・大規模施設)があり、下水の高度処理から排水処理、湖沼浄化など幅広い分野に適応可能です。

特徴

1.イージーメンテナンス
 逆洗機構がシンプルで補機が少ないため取り扱い易く、24時間連続ろ過が可能です。
2.シンプルで省スペース
 ろ過原水槽や逆洗排水槽が不要であり、省スペースな施設を構築できます。
3.フレキシブル
 あらゆる原水に対応可能であり、小規模から中大規模まで対応します。
4.水質が安定
 生物脱窒、脱リン処理した後の微細なフロックに対しても安定した水質が得られます。
5.ろ過層圧力損失が小さく、一定
 圧力損失が小さいため、揚水電力消費量を削減できます。
 また、条件によってはポンプアップせず自然流下でも設計できます。
6.最大1000m/日の高速ろ過
 高速タイプの設置面積は従来の移床式の約1/2、固定床式の約1/3。
 急速ろ過設備の省スペース化、池数削減による建設コスト縮減が可能です。
7.リン除去が可能
 原水に直接凝集剤を注入し、リン除去ができます。
 反応槽(曝気槽)へ注入する場合に比べて凝集剤注入量を削減できます。
8.窒素除去が可能(段階的高度処理に対応)
 原水に有機物(メタノール等)を注入することで窒素除去が可能です。
 硝酸センサーによる有機物注入制御で、薬注量の最適化と放流水質コントロールが容易。
 反応タンクの高度処理化(窒素除去対応)の代替機能を果たします。

適用

主な用途は以下のとおりです。
 ●下水処理の全量高度処理施設
 ●再利用水施設
 ●既設急速ろ過設備の改築更新(既設土木躯体の活用)
 ●池水浄化施設
 ●上水前処理

実績

納入実績は国内の上下水、排水処理施設で2,500基以上。

高速タイプは公的機関の技術評価を取得。
 ●日本下水道事業団    新技術Ⅲ類
 ●日本下水道新技術機構 建設技術審査証明(りん除去含む)

【事例1】急速ろ過設備の改築更新(固定床ろ過設備の土木躯体活用)

既設の固定床式の急速ろ過設備の改築更新の際、移床式の高速タイプを導入することで、ろ過池数の削減による建設コストの縮減が可能です。

【事例2】中・大規模の全量高度処理施設(施工事例)

水処理施設の改築更新に合わせて、水処理から急速ろ過まで一体構造の土木躯体とし、さらに自然流下設計を採用することで、省スペース化・省エネルギー化を図っています。
急速ろ過設備の改築更新

急速ろ過設備の改築更新

マルチモジュール型砂ろ過 施工例

マルチモジュール型砂ろ過 施工例

上向流移床式砂ろ過/ユニフロサンドフィルタに関するお問い合わせ

問合せ先
環境本部水処理営業部2課
TEL : 06-6483-2683(直通)  FAX : 06-6483-2757

上向流移床式砂ろ過/ユニフロサンドフィルタに関するお問い合わせ

株式会社 タクマ様が運営するWebサイトに遷移します。

環境本部水処理営業部2課
TEL : 06-6483-2683(直通)  FAX : 06-6483-2757

Page Top