一般社団法人日本下水道施設業協会オフィシャルサイト

ホーム

お知らせ

技術資料

会員ページ

お問い合わせ

技術ギャラリー
(製品・技術紹介)

圧入式スクリュープレス脱水機/差動回転式スクリュープレス

分類 汚泥処理設備 > 濃縮・脱水 [この分類の技術一覧]
名称 圧入式スクリュープレス脱水機
商品 差動回転式スクリュープレス
会社名 三菱化工機 株式会社[会社概要][技術情報一覧
問合せ先 環境営業部
TEL : 044-246-7236(直通)  FAX : 044-246-7238

概要

外筒スクリーンを固定した従来型スクリュープレスとは異なり、差動回転式スクリュープレスは外筒スクリーンを常時低速で回転させ、内筒スクリューを同じ方向に外筒スクリーンより速い速度で差動回転させています。
調質された汚泥は回転軸芯から圧入され、差動回転する外筒スクリーン内では均等にケーキが充填されて高い圧密ケーキ層を形成します。スクリューによる推力作用とこれに対抗するプレッサーの間で圧密ケーキ層は効率的に圧搾脱水されるため、外筒スクリーンを固定した従来型スクリュープレスより脱水性能が向上します。

特徴

1. 独特の差動回転スクリーン
外筒スクリーンが回転するため、濃縮ゾーンでは常に新しいろ過面が供給され、高いろ過性能が発揮されることで、短い機長で高濃縮が可能となりました。また、外筒スクリーンが回転するため、圧搾脱水ゾーンにおいて均一で高い圧密ケーキ層が形成され、外筒スクリーン固定型に比べて含水率を低減します。

2. 分離性能に優れるウェッジワイヤースクリーン
高い開口率と強度を維持できるウェッジワイヤースクリーンは短時間に汚泥を分離し、高いろ過速度を維持することができます。また、目詰まりを起こしにくく、洗浄性に優れているため、スクリーンは少量の洗浄水で効率的に洗浄可能です。
ウエッジワイヤーの目開きは、濃縮ゾーンと圧搾ゾーンとで適宜選定され最適な脱水性能を発揮できます。

3. 安定した含水率が得られる制御方式
スクリーンの固形物量負荷を一定に維持する圧入圧一定制御を行うことで、安定した分離液のSS回収と脱水ケーキの含水率を維持します。

適用

用途
・下水混合生汚泥
・下水嫌気性消化汚泥
・小規模下水OD汚泥
・し尿汚泥
・農集排水汚泥
・パルプ汚泥
・各種産業排水汚泥

実績

下水道新技術推進機構殿の建設技術審査照明を取得(2006年3月、2011年3月)

特長

外筒スクリーンを固定した従来型スクリュープレスとは異なり、差動回転式スクリュープレスは外筒スクリーンを常時低速で回転させ、内筒スクリューを同じ回転方向に外筒スクリーンより速い速度で差動回転させています。
1.高効率、高脱水性能
外筒スクリーンと内筒スクリューが差動回転する独自の圧密・圧搾メカニズムで高効率、高脱水が可能です。
2.安定した性能
外筒スクリーンには目詰まりが起こりにくいウェッジワイヤーを標準採用しているため、高い脱水性能を長時間維持できます。
3.少ない洗浄水量
外筒スクリーンを常時回転させることで、洗浄機構が簡単で、少ない洗浄水量で効率的に洗浄が行えます。
4.容易な維持管理
構造、機構がシンプルで運転操作、メンテナンスが容易です。
5.優しい運転環境
低速回転で、騒音・振動が小さく運転環境が良好です。
6.万全な臭気対策
密閉性の高い横造で、脱臭発生が少なく、周辺環境への臭気対策が容易です。

構造

1)凝集混和装置で調質された汚泥は、スクリュープレスの回転軸芯より濃縮ゾーンへ圧入されます。
2)濃縮ゾーン内の調質汚泥は、回転する外筒スクリーンのろ過面で反転作用を受け、効率よく濃縮が行われます。
3)ろ過・圧縮ゾーンのろ室は汚泥投入側から脱水ケーキ排出側に向かって容積が小さくなっており、この容積減少とスクリューによるスラストカを受け、ケーキ層の内部圧力が上昇し脱水されます。
4)差動回転する外筒スクリーン内では、ケーキが均一に充填された高い圧密ケーキ層が形成されます。
5)圧密ケーキ層はスクリューによる推力作用とこれに対抗するプレッサーの間で圧搾脱水されます。
6)脱水ケーキは、排出部のプレッサーの背圧を押しのけて機外へ排出されます。
図-1.差動回転式スクリュープレス外観

図-1.差動回転式スクリュープレス外観

図-2.差動回転式スクリュープレス構造

図-2.差動回転式スクリュープレス構造

圧入式スクリュープレス脱水機/差動回転式スクリュープレスに関するお問い合わせ

問合せ先
環境営業部
TEL : 044-246-7236(直通)  FAX : 044-246-7238

Page Top